\ フォローしてね /

素材に注意!チンチラの飼育に必要な道具

はじめに

チンチラを飼い始めるには、さまざまな道具を買い揃える必要があります。犬や猫のようにメジャーなペットではなく、ペットショップでも取り扱いがあまりないため、一体何を揃えたらいいのか困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

最低限必要な道具と、その選び方についてご紹介いたします。

チンチラ飼育に必要な道具

ケージ

チンチラはとにかく活発な生き物なので、なるべく大きいケージをオススメします。また、高さも必要です。跳ねたり登ったりするのが好きなので、高さのあるケージを選びましょう。

複数のチンチラを同時に飼う場合は、1匹につき1つのケージを用意してください。同じケージで飼うと喧嘩をしたり、ストレスで衰弱してしまいます。

床敷き

ケージの底に敷くものです。最適なのは木材のチップ(おがくず)です。できれば広葉樹のチップが望ましいですが、針葉樹でも加熱済みのものなら大丈夫です。生の針葉樹チップはチンチラの病気を誘発する可能性があります。

新聞紙やペット用シーツなどは、チンチラが食べてしまう可能性が高いのでやめましょう。

すのこは絶対に使わないでください。チンチラが足をはさみ、骨折する可能性があります。

巣箱

チンチラが身を隠し、落ち着くことのできる巣箱を用意しましょう。巣箱は木製のもので、チンチラがちゃんと入れるサイズを選びましょう。

陶器製の巣箱もありますが、冬は絶対に使わないようにしてください。陶器は冷えますので、風邪の原因になります。

止まり木(ステージ)

チンチラがケージ内を跳びまわって遊べるように、止まり木やステージを用意しましょう。高さのあるケージであれば、ステージを2箇所くらい設置できると思います。

回し車

大抵のチンチラは回し車で遊ぶのが大好きなので、運動用に設置してあげましょう。ただし、網状の回し車は危険です。回しているうちに足をはさみ、骨折する可能性があります。

回し車は金属板を曲げて作ってあるタイプのものを選びましょう。

水飲みボトル

チンチラは結構水を飲みますので、必ずいつでも水が飲めるようにしてあげてください。ただし、水を入れた容器をケージ内に入れるのはオススメしません。ひっくり返してしまいます。

ケージの外に水飲みボトルを設置し、飲み口だけがケージ内に入るようにしてください。

プラスチック製はチンチラがかじってしまう恐れがあります。飲み口は必ず金属製のものを選びましょう。ボトルはプラスチックでもいいですが、ガラス製の方がより安全です。

餌入れ

我が家ではペレット(ドライフード)は陶器製、牧草はステンレスの容器に入れて与えています。陶器もステンレスも、チンチラにかじられても大丈夫な素材です。

餌入れを床に置いておくと、チンチラはひっくり返してしまう恐れがあります。なるべくケージの格子に取り付けられるタイプのものを選びましょう。牧草ボールを用意し、ケージ内にひっかけておくのも一つの方法です。

かじり石、かじり木

チンチラは一生歯が伸び続ける生き物です。牧草をかじることである程度研磨できますが、それだけでは足りません。そこでかじり石やかじり木を入れてあげてください。

チンチラ専用のチンチラブロックがオススメですが、手に入らなければ軽石でも大丈夫です。

砂浴び用の砂

チンチラは水洗いではなく、砂浴びをすることで清潔さと毛の美しさを保ちます。砂浴び専用の砂が一番いいのですが、もしどうしても手に入らなければ園芸用のゼオライトをコーヒーミルなどで細かい砂にすれば使えます。

砂の細かさはメーカーによってさまざまです。細かいものは高価な上、砂浴びをすると煙状に舞い上がってしまって大変です。我が家では細かい砂と荒めの砂を半分くらいずつブレンドして使っています。

砂浴び用の容器

フタのない容器で砂浴びをさせると、砂が周囲に飛び散って大変なことになります。なので砂がなるべく飛び散らないような容器として、我が家では米びつを使っています。

砂浴びをしている間はフタを軽く閉めておきます。そうすると砂が飛び散ることはありませんし、満足したチンチラが自力でフタを開けて出てくることもできます。

米びつ以外では、梅酒などに使う瓶がおすすめです。そこそこ高さがあり、口が少し狭くなっているので砂が飛び散りにくいです。

ペットショップでは浅いケースに砂を入れてケージ内に入れていることもありますが、一般家庭でこれをやるとケージ周辺が砂だらけになります。砂浴びはケージの外でやらせるものとして、容器をケージ内に備え付けておくのはやめましょう。

おわりに

以上の道具を揃えれば、いつでもチンチラを迎え入れることができます。チンチラはとにかく何でもかじりますから、道具を選ぶ際にはチンチラがかじっても大丈夫な素材かどうかを見極めるようにしてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。