1. 趣味
    2. アメフトの道具に関する基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメフトの道具に関する基礎知識

    アメフトとラグビーってどう違うの?とかよく質問がきますが、大きな違いに使う道具があります。ヘルメットやショルダーパッドといったものからボールの大きさの違いまで説明していきます。

    アメフトの基本的なルールを知りたい方は5分でわかるアメフト講座もご覧下さいね

    ボール

    周囲:79.4~81.9・51.9~53.1cm
    直径:27.2~28.6cm
    重量:397~425g
    です。ラグビーボールよりも一回り小さくなったような感じです。

    ヘルメット

    頭を守るため衝撃を吸収する素材が中に敷き詰められています。よく無線が入ってるの?とか聞かれますがそれはNFLだけで日本では特に使っていません。その代わりというわけではないですがアイシールドというものをつけることがあります。

    アイシールド

    ジャンプでもアイシールド21なんてマンガがありましたが、これをつけることで相手選手の手が入ってくるのを防ぎます。必ずつけなければいけないものではないので、選手によってつけたりしています。

    ショルダーパッド

    こちらはオフェンスラインが主につける大きめのサイズのものです。クオーターバックやワイドレシーバーなど動きやすくするために小さめのサイズを着るポジションもあります。

    靴の裏のポイントが固定式のものと交換式のものがあり、グランドによって使い分けたりしますが、交換式の方がポイントの高さがあるので雨のグランドや芝が深いグランドで使用したりします。

    パンツ

    フッパンと言ったりします。フットボールパンツの略ですね。この中にお尻、太もも、膝を守るためのパッドをいれます。画像はこちら↓。

    リストコーチ

    リストバンドにプレーリストなどを入れることができるものです。クオーターバックやラインバッカーなどハドルの中でプレーを指示する人がつけたりします。

    おわりに

    他にもグローブやケガを守るためのサポーターやリストバンドなどなど、選手それぞれのこだわりがあったりしますので試合観戦の際にはその辺もチェックしてみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    5分でわかるアメフト講座
    アメフトのポジション(オフェンス編)
    アメフトのポジション(ディフェンス編)
    アメフトの反則(オフェンス編)
    アメフトの反則(ディフェンス編)

    このライフレシピを書いた人