1. 暮らし
    2. スパークリングワインの蓋を静かに開ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    スパークリングワインの蓋を静かに開ける方法

    パーティーなどでスパークリングワインを「ポンッ!!」と勢い良く開けるのもいいですが、家でディナーを楽しみながら飲む時などは、コルクがどこへ飛んでいくかわからないし、静かに開けたいものですね。

    必要な準備

    冷蔵庫で冷やします。お店で冷えた物を購入してきた場合でも、自宅に持ち帰るまでに振動などで吹きやすい状態になるので気をつけましょう。

    具体的な開栓の手順

    STEP1:コルクの針金を緩める

    栓を覆っていたシールを剥がし、コルクを固定していた針金を緩めます。

    内部の圧力が高いとこの針金を緩めただけでコルクが浮いてくる事もあるので注意しましょう。

    STEP2:コルクをひねる

    ボトルを机などの平らなところに置き、片方の手でボトルを押さえもう片方の手でコルクを軽くひねります。すると中の圧力に押されてコルクが浮いてきます。

    ペットボトルを開けるようにひねるだけにしましょう。上に引っぱり上げようとすると勢い良く栓が抜けてしまいます。

    STEP3:コルクとボトルの口の間からガスを抜く

    じわっとコルクが上がってきたところで少し栓を斜めにしてボトルの口とコルクの隙間からガスを抜きます。

    STEP4:完成

    栓を完全に取り除いて完成です。

    こだわりポイント

    コルクが飛ばないようにナプキンなどの布をかける事もできますが、コルクの出具合がわかりにくいので。筆者は素手でしっかり押さえながら開栓するようにしています。

    開けた拍子に栓が飛んでしまうかもしれないのでボトルの上部に何も無いか確認が必要です。また、開栓は必ず手で行ない栓抜きやソムリエナイフは使わないようにしましょう。

    おわりに

    最初は開け方に慣れずドキドキしましたが、何本か開けるうちに力の入れ具合がわかって上手に開けられるようになりました。是非試してみてください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人