\ フォローしてね /

中学の漢文『春望』のポイントまとめ

玄宗皇帝で名高い盛唐の頃の詩聖・杜甫の作品をここでは読んでいってみましょう。

長い治世の間に花咲ける長安が荒れ果てていたことがわかります。

要点は太字になっています。

この漢文の形式

五言律詩です。

白文と訓読漢文

春望 杜甫國破山河在 国破れて山河在り
城春草木深 城春にして草木深し
感時花濺涙 時に感じては花にも涙を濺ぎ
恨別鳥驚心 別れを恨みては鳥にも心を驚かす
烽火連三月 烽火 三月に連なり
家書抵萬金 家書 万金に抵る
白頭掻更短 白頭掻けば更に短く
渾欲不勝簪 渾て簪に勝えざらんと欲す

現代語訳

春のながめ 杜甫

国家は都を落とされて荒れ果てたが山河はそのまんまだなあ。

そんな城の内にも春が訪れ、草木が青々と茂っているのだ。

王朝の衰亡を感じて花が咲いていても涙が出てくるほどむなしさをかんじる。

心の絆の家族と別れたのを恨めしく想い、鳥の鳴き声にも家族かと想ってハッと驚いてしまう。

戦火が幾月も続いている。

家族からの便りが何よりの宝物です。

心労のあまり白髪の頭を掻くと髪が抜け落ちる。

これでは、仕官のために必要なかんざしを挿すこともできなくなってしまいそうだ。

重要となる句法

  • 在…ある
  • 欲~…~しようとする
  • 不~…~することができない

読解のポイント

押韻(偶数句末)

対句

第2聯と第3聯

時に感じては 花にも涙を濺ぎ

別れを恨みては 鳥にも心を驚かす

第2聯中の二句がよく似た構造になっていますね!下の第3聯中の二句についても同様になっていて、五言律詩のルールが守られていることがわかりますよ。

烽火 連なり

家書 抵る

おわりに

杜甫の詩にはいつも家族愛と生活感がにじんでいるようですね。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。