\ フォローしてね /

ホームベーカリーで作れる!濃厚ブラウニーの作り方

材料を混ぜ合わせたり、オーブンを準備して焼くのに、手間が掛かって大変なケーキ作り。ケーキ機能搭載のホームベーカリーで、手軽にできないかと思い、作ってみました。

筆者は、パナソニックSD-BMS102を使用しています。

材料(1斤サイズ分)

  • 板チョコ・・・4枚(200g~250g)
  • 無塩バター・・・90g
  • 玉子・・・2個
  • 砂糖・・・50g
  • 薄力粉・・・60g
  • ナッツ・・・70g

作り方(調理時間:下準備20分、HB1時間30分)

STEP1:下準備をする。

板チョコを1cm角程度に割り、バターは12等分に切り、一緒にボールに入れておきます。玉子を割りほぐし、薄力粉をふるいます。ナッツは、砕いておきます。

ナッツを厚手のビニール袋に入れタオルを掛け、麺棒などで押さえつけるように叩くと、散らからず簡単に砕けます。

STEP2:チョコとバターを湯煎にかける。

チョコとバターを入れたボールを60度程度の湯煎にかけ、なめらかになるまで混ぜながら溶かします。

水を入れた鍋を火に掛け、鍋の底にできた小さな気泡が、プツプツと浮き上がり始めたくらいの温度です。

STEP3:ホームベーカリーにセットする。

パンケースに羽根を取り付け、STEP2のチョコを流し込み、ホームベーカリーにセットしたら、ケーキボタンをスタートします。

STEP4:玉子を入れる。

ホームベーカリーが動き始めたら、玉子を3回ほどに分けて入れます。

STEP5:砂糖を入れる。

ホームベーカリーの表示が、「作業8分後」くらいになったら、砂糖を2回ほどに分けて入れます。

STEP6:薄力粉を入れる。

「作業5分後」くらいになったら、薄力粉を3回ほどに分けて入れます。

STEP7:粉落としをして、ナッツを入れる

粉落としの作業の合図が鳴ったら、パンケースのまわりに着いている粉をゴムベラでそぎ落とします。ナッツを入れて蓋をし、再度スタートボタンを押して焼きの工程を始めます。

可能なら再スタート後の「ねり」が終わりナッツが混ざってから、「焼き」が始まるまでの「ねかし」の間に、羽根をトングなどで抜き取っておくと、焼き上がって切り分けた時に、断面が綺麗です。

機種により「ねかし」の時間があるか、工程確認してから行ってください。

STEP8:焼き上がったら、粗熱をとる

焼き上がりの合図がしたらパンケースを取り出し、ぬれ布巾の上に置いて、粗熱が取れるまで冷まします。

STEP9:パンケースから取り出す

粗熱が取れて手で触れるくらいになったら、そっと傾けながらパンケースから取り出します。その後、皿などにのせておき、完全に冷まします。

STEP10:切り分ける

完全に冷めたら、食べやすい大きさに切り分けます。ラップで包んだり、タッパーに入れて保存してください。焼き菓子なので、涼しい場所での保存なら、5日くらいは日持ちすると思います。ブラウニーは1~2日ほど寝かせて、生地が落ち着いてきた頃が、一番おいしい食べごろのようです。

焼き上がりは柔らかくふんわりしていて、とても崩れやすいので、必ず冷めてから取り出して、切り分けてください。

お好みの味に仕上げるポイント

板チョコを使うことで好みの味が選べて、チョコを削らなくても簡単に手で割れます。また、ナッツも一種類から数種類、お好みでアレンジしてみてください。

さいごに

筆者ホームベーカリーのケーキコースは、スタートから作業までの時間が12分です。機種により違いがあるようですので、確認してみてください。

本場アメリカでブラウニーといえば、家庭ごとにオリジナルのレシピがあり、食感もそれぞれのようです。この記事が、みなさんのオリジナルブラウニーの参考になれば、幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。