\ フォローしてね /

心づくしの膳に舌鼓!おすすめの京の昼会席「京都本店たん熊北店」【体験談】

京料理の老舗料亭と言えば、敷居が高くて入りにくいイメージがありますね。しかしお昼にいただくなら少し背伸びをするだけで、余りある満足感に浸れますよ。

今回は老舗の料亭「京都本店たん熊北店」を紹介します。

お店情報

たん熊北店京都本店は昭和3年創業の「たん熊」の伝統を受け継いだ京料理の名店です。

  • 住所:京都市中京区西木屋町四条上紙屋町355番地(四条河原町上がる3筋目東入る)
  • 電話:075-221-6990・5490

四条河原町の交差点からすぐの所でとても便利な上、全く喧騒が聞こえないほど静かな町屋です。

なお、似た名前で「たん熊本店」というのがありますが、親族の方がされているものです。本記事の「たん熊北店」のホームページはこちらです→京都本店たん熊北店

このお店を知った理由

最初は仲の良いママ友に連れて行ってもらい松花堂弁当を頂きました。

そこで季節感のある美味しいお料理に感動し、その後も友人とのランチやお客様へのおもてなしなどに利用しています。

昼会席のメニュー一例

先日、家族のお祝い事で会席料理をいただきました。10品あるうちの一例です。

先付け

先付けには祝い赤飯(金箔乗せ)やホタルイカ、アサリの酢味噌和えなどが季節感のある器、鯛をかたどった器などに盛られています。

蒸しもの

蒸しものは海老しんじょうで、木の芽の香りが春らしくて上品な味です。

焚き寄せ

焚き寄せは里芋や筍、湯葉などをひとつひとつ丁寧に味付けて寄せてあります。

おすすめポイント

老舗の味を十二分に堪能できる

夜は1万5千円以上からの会席となりますが、昼にはお弁当や会席料理も手の届くお値段(6300円~)で老舗の味を堪能できます。

プライドを感じる味付け

野菜や魚介がひとつひとつ厳選されていて、それを生かすような一見シンプルなようで味は主婦では真似できない品があります。さりげないのに手の込んだ品ばかりでプライドを感じる味付けです。

感想

予約でお祝いの内容を伝えたら、和室の掛け軸から器、お料理の内容までお祝いの席に応じたものに変えて下さり感動しました。また、メニューにないものもお願いしたら予算に応じて考えていただけました。

質も量も大満足のお料理と、何よりおもてなしの心配りをいただいてこのお店にして良かったと思いました。

おわりに

安くて美味しいお店もたくさんありますが、格式のある老舗には間違いのない伝統の味と手厚いもてなしがあります。

静かにゆっくり京料理を堪能したい方にはお薦めのお店です。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。