1. 趣味
    2. 6つのタイプから自分の恋愛体質を知る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    6つのタイプから自分の恋愛体質を知る方法

    あなたは自分の恋愛体質を理解していますか?

    過去の恋愛歴を振り返り、自分の恋愛パターンを考えたことはありますか?

    今回は、6つの恋愛体質をご紹介しますので、自分と照らし合わせてみてくださいね。

    あなたはどのタイプ?

    まずは、下記6つのうちで、一番共感できるものを選んでみてください。

    • 1:恋愛は人生で最も大切な物、恋愛とは、情熱。
    • 2:恋愛は駆け引き。相手が振り向くと冷めてしまうことが多い
    • 3:好きな人とは互いを高めあい、支え合いたい
    • 4:付き合うならお金を持っている人がやっぱり一番
    • 5:人を好きになると一途で、他のことは考えられなくなる
    • 6:好きになった人はいつも尽くしすぎてしまう

    1:恋愛は人生で最も大切な物、恋愛とは、情熱

    情熱型

    恋愛至上主義のあなたは、燃え上がるような情熱的な恋愛に憧れ、たとえ、ボロボロになっても、熱烈な恋がしたいと思っています。

    惚れっぽく、一目惚れが多いだけに、熱しやすく冷めやすい傾向もあります。

    恋に恋するロマンチストで、空想好きな人に多いです。

    相手が、あなたの容姿や雰囲気に惹かれていたり、フィーリングがあれば情熱的恋愛も可能ですが、自分だけ勝手に燃え上がり、それに飽きるとすぐ違う人を探すという人もいるようです。

    2:恋愛は駆け引き。相手が振り向くと冷めてしまうことが多い

    遊戯型

    恋の駆け引きを楽しみ、体の関係もその場限りが楽しければいいと考える快楽追求型。同時に複数の人とも付き合え、結婚後も他の女性との恋愛や不貞行為を繰り返す傾向があります。

    このタイプの人にとって、恋愛は遊び感覚、ゲームのようなもの。相手が自分を振り向いて、積極的にアプローチしてくると、冷めてしまいます。

    相手を真剣に愛しているわけではなく、いかに振り向かせるかに関心があり、恋の駆け引きが楽しいのです。

    このタイプと付き合う人は、同じように遊び感覚で深入りしないほうが身のためです。

    3:好きな人とは互いを高めあい、支え合いたい

    友愛型

    燃え上がるような情熱的な恋愛ではなく、友達のような恋愛を望んでいます。対等に、色々なことを相談しあえ、かつ高めあっていけるのが理想。最初は知り合いから友達になり、自然と付き合うようになっていたというのが、このタイプです。

    会話を通じて、相手の性格や価値観、人間性などを知り、時間をかけて信頼関係を築いていきます。

    互いの短所も知っているので、付き合って、期待はずれだったということも少なく、穏やかで安心感のある恋愛ができるでしょう。

    4:付き合うならお金を持っている人がやっぱり一番

    実利型

    現実重視で、恋愛を取引と考えるタイプです。恋愛=お金という考え方で、経済力や甲斐性を求めています。おいしい料理をごちそうしてくれたり、お金のかかったプレゼントを欲しがります。

    相手の前ではそんな素振りも見せませんが、自分が相手に何を求めているか心得ており、自分の要求を満たしてくれる相手でないと付き合いません。

    結婚と恋愛とは別と思い、見合いで結婚相手を決める人も少なくありません。愛情がなくても、経済力や生活の安定が何より大切と考えます。

    このタイプの人は、計算高く、利害関係に敏感で、常に自分にとってのメリットを考える人もいますが、相手に求めることが多すぎると、恋愛も友人関係も長続きしません。

    5:人を好きになると一途で、他のことは考えられなくなる

    狂気型

    一度好きになると、仕事も手につかなくなってしまうほどのめり込むタイプ。今の言葉で言えば、相手にはまってしまう状態でしょう。

    相手のことは全て知りたい、自分と会っていない間、相手の行動が気になってしまいます。嫉妬深く、独占欲も強いため、詮索したり、束縛したがるのが特徴です。

    一見、情熱的にも見えますが、相手の自由や意思を尊重せず、常に自分が相手にとって「特別な存在」でありたいという独りよがりの恋愛です。

    6:好きになった人はいつも尽くしすぎてしまう

    献身型

    人を好きになると一途で、他のことは考えられなくなります。相手にとことん尽くし、相手が望むこと、喜ぶことなら、自分を犠牲にしてまでも相手のために働きます。

    尽くしすぎるのも考えもので、相手にとって鬱陶しかったり、押し付けがましいと感じているかもしれません。

    心のどこかで見返りを期待していると、「あれだけしてあげたのに」と相手を恨むことになりかねません。

    おわりに

    いかがでしたか?

    自分の恋愛体質を知り、弱点も知ることで、今後、パートナーとの付き合いをよくするきっかけになったらいいですね!

    イラストで解説!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人