\ フォローしてね /

圧力鍋で!おせち用黒豆の作り方

黒豆は、「黒く(日に焼けて)まめまめしく働くように」という願いを込めておせち料理で食べられています。

ここで紹介する黒豆の煮方は、重曹や釘は使わず、圧力鍋で短時間で仕上げられるので忙しい年末にも気負わず作れます。お試しください

材料(黒豆一袋分)

  • 乾燥した黒豆 300g
  • きび砂糖 180g
  • 塩 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 水 4カップ
きび砂糖を使うことで優しい甘さが味わえます。

作り方(調理時間:一晩+25分)

STEP1:煮汁を作る

きび砂糖、しょうゆ、塩、水を圧力鍋に入れ、火にかけます。

砂糖が溶けたら火を止めましょう

STEP2:豆を洗う

ザルに黒豆を入れて、流水でよく洗います。

STEP3:つけおく

洗った黒豆をSTEP1の煮汁につけて、一晩おきます。

STEP4:加圧する

次の日、圧力鍋を火にかけます。上のようにピンが上がったら、

このように弱火にして20分間加圧します。

20分経ったら自然放置し、圧力が下がるまで自然に待ちましょう。できあがりです!

上手に作るためのポイント

高圧低圧を選べる圧力鍋の場合は、高圧を選択しましょう。

さいごに

いかがでしょうか。

この黒豆は結構あっさりした味に仕上がっています。好みできび砂糖を増やしてくださいね。甜菜糖でも美味しくできます。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。