1. 料理
    2. 7~8ケ月の離乳食!トマトとキャベツの納豆和えの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    7~8ケ月の離乳食!トマトとキャベツの納豆和えの作り方

    7~8ケ月になると、離乳食中期に入り、食べられる食材がぐんと増えます。また、少し形のあるものをモグモグする練習も始まります。

    この時期には、色々な食材の味や食感に慣れてもらいたいですよね。特に栄養価の高い食材の味には馴染んでもらいたいものです。

    そこで、そんな時期にオススメの離乳食メニュー、「トマトとキャベツの納豆和え」の作り方を紹介します。

    材料(1食分)

    • プチトマト・・・1個
    • キャベツ・・・5g
    • 納豆・・・5g
    普通の大きさのトマト10g程度を使ってもOKです。
    キャベツは葉先の柔らかい部分を使ってください。

    「トマトとキャベツの納豆和え」の作り方

    STEP1:トマトを茹でる

    ヘタを取ったプチトマトを、沸騰したお湯で1分茹で、すぐに冷水に取ります。

    冷水に取ると、皮が破れてキレイに剥けます。

    STEP2:トマトを刻む

    STEP1のトマトの皮を剥き、半分に切って種をスプーンで掻きだすように取り除き、実だけを5mm角程度のみじん切りにします。

    STEP3:キャベツを茹でる

    沸騰したお湯でキャベツを1分ほど茹でます。

    STEP4:キャベツを刻む

    柔らかく茹であがったキャベツを、縦横に刻み、5mm角程度のみじん切りにします。

    STEP5:納豆を刻む

    納豆を包丁で叩くようにして、5mm角程度のみじん切りにします。

    引き割りタイプの納豆を使えば、この行程を省くことができます。

    STEP6:納豆を湯通しする

    納豆を茶こしに入れ、熱湯をかけて湯通しします。

    トマトやキャベツを茹でた後のお湯でOKです。

    STEP7:和える

    トマト・キャベツと納豆を混ぜ合わせれば出来上がりです。

    赤ちゃんに与える際には、人肌程度の温度で与えてください。

    おわりに

    野菜を納豆で和えることで、のど越しが良くなり、この時期の赤ちゃんでも食べやすくなります。また、納豆は大変栄養価の高い食材でもありますので、この時期から味に慣れてもらいたいですよね。

    トマトやキャベツも、「苦手」という子供が多い食材ですが、素材のおいしさを、この時期に教えてあげましょう。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人