\ フォローしてね /

牡蠣の出汁を味わう「みぞれ牡蠣鍋」の作り方

大根おろしの成分でプリッと柔らかく火が通り、調味料は控えめで牡蠣の旨みをシンプルに味わう、みぞれ牡蠣鍋のご紹介です。

材料(2人分)

  • 牡蠣(加熱用):250g
  • 片栗粉(牡蠣下処理用):大さじ1
  • 大根:半分(約15cm程度分)
  • 絹豆腐:1丁
  • 長ネギ:1本
  • エノキ:1束
  • 薄口醤油:大さじ1
  • 水:50cc
醤油については、なければ一般的な濃口醤油でもOKですが可能であれば、素材の味わいを邪魔しない薄口醤油をご用意下さい。上品な風味に仕上がります。

作り方(調理時間:約15分)

STEP1:牡蠣の下処理をする

牡蠣をボウル等に移し、片栗粉を加え良く混ぜながら流水で洗い流します。

ザルにあけ、水気を切ります。

STEP2:材料を切る

長ネギは斜めに約5mm程度に切り、エノキは石突きを落とし根本をバラしておきます。

STEP3:素材を蒸し煮にする

土鍋にエノキ、長ネギ、少量の水(50cc)を入れてフタをし中火で約5分蒸し煮にします。全体のかさが半分程度に減り水分量が増えてきたらOKです。

STEP4:大根をおろす

大根をおろし金等ですりおろします。

大根をおろした際の水分は、そのまま煮汁として使います。

STEP5:その他の具材を全て加える

蒸し煮にした長ネギとエノキの上に、牡蠣を入れて上から覆うように大根下ろしを汁気ごと入れ、周りに絹豆腐を手で適当な一口大程度の大きさに割りながら並べ入れます。

この段階で、煮汁が容量に対して半分以下の場合は水を入れて全量が容量に対して6~7割程度になるように調整して下さい。

煮ると更に豆腐水分が出るので、半分を下回っていなければそのままでも大丈夫です。

STEP6:フタをして煮る

フタをして中火で沸騰するまで煮ます。沸騰したら、豆腐を崩さないように全体を軽く一混ぜし、薄口醤油を入れて味をととのえます。

完成!

熱々をテーブルに運んで完成です。

おわりに

牡蠣鍋といえば味噌を使った土手鍋がポピュラーですが、調味料は薄口醤油を少量だけで牡蠣からの出汁をメインに旨みをシンプルに味わえる、こちらのレシピもまた美味です。ぜひ、お試し下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。