\ フォローしてね /

おろす方向で大根おろしの風味が変わる!おろし金の使い方

大根は1本の中でも部位(上中下)によって、辛みや食感が変わることは知られていますが、おろし金の使い方ひとつで、同じ部位でも風味が変わります。

今回は、2種類の方法で実践した結果をご紹介します。

下準備

手に握りやすいように15cm程度に切り、皮をピーラー等で剥きます。

おろし金の使い方

1:横から握り、上下に動かしておろす

横からしっかり握り、上下に力をある程度かけてザクザクとおろします。

2:上から握り、円を描くようにおろす

上から握り、円を描くようにして柔らかい力加減でふんわりとおろします。

調理後の比較

  • 画面左側:(上下におろしたもの)

見た目はあまり変わりが無いように見えますが、食べた時の食感は舌触りがザラッとし、辛みがあります。

  • 画面右側:(円を描くようにおろしたもの)

食べた瞬間に、ふんわりとした優しい甘味を感じました。舌触りは比較的なめらかで水っぽい食感です。

料理によって使い分けよう!

今まで同時に、すりおろして食べ比べて見る機会がなかったので、あまり違いを極端に感じませんでしたが、実際にやってみると案外明確に違う!と感じました。

だし巻き卵には、上下でおろして辛みの強いものが合いそうです。調理法や好みにより、使い分けると良さそうです。

同じおろし金でも、違いがあるので、木製の鬼おろしや、お手入れが楽なセラミック製など形が違う道具だと、さらに各々仕上がりの違いがありそうですね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。