\ フォローしてね /

カブを生で!甘くて瑞々しいカブとツナのサラダの作り方

カブは生で食べるイメージがない方も多いと思いますが、実は甘くて瑞々しい食べ心地でそのままでも美味しいんですよ!

今回は、ツナの油をドレッシング代わりに和えたシンプルなサラダをご紹介します。

材料(2人分)

  • カブ・・2個
  • ツナ缶・・・半缶
  • 薄口醤油・・・ひと垂らし程度
  • 黒胡椒・・・適宜

作り方(調理時間:約5分)

STEP1:材料を切る

カブは皮を厚めに剥き、8等分程度のくし切りにします。

筋が硬いため皮を厚く(約3~5mm程度)剥くことが、生で食べる時のポイントです。

STEP2:ツナを混ぜる

カブを盛り鉢に移し、ツナ缶を混ぜて油と馴染ませるように混ぜ合わせます。

完成!

ピリッと香る黒胡椒を軽く振って完成です。

おわりに

火を使わずにサッと作れるので、あともう一品欲しい時にとても重宝するレシピです。

カブは生で食べても甘くて優しい美味しさです。蒸したり焼いたりするカブの食感とは、また別の歯触りで美味しさを味わえます。ぜひ、お試し下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。