\ フォローしてね /

ビールと日本酒の「正しいお酌」のやり方

忘年会や新年会、歓送迎会など、お酒を飲む機会も多いと思います。皆さんは、正しいお酌の仕方を知っていますか。正しいお酌の仕方は、上司や取引先の人、お客さんと飲むときに知っておくと役に立ちます。

正しいお酌の仕方は、見栄えがし、落ち着いた印象を与えることができます。今回は、この正しいお酌の仕方について、紹介します。

ビールのお酌のやり方

注ぎ方

  • ラベルが見えるようにラベルを上向きにし、底に近い部分を右手で持ちます
  • 注ぐときは、左手で注ぎ口の部分をささえます
  • 注ぎ口がグラスにつかない様に瓶を傾けて注ぎます

注がれ方

  • グラスは必ず底を支えるように持ちましょう
  • 少しグラスを傾けて受け、注ぎ終わりに合わせてグラスを立てます

日本酒のお酌のやり方

注ぎ方

  • 右手でとっくりを持ち、左手でとっくりの注ぎ口をささえます
  • 注ぐときは2回に分けて注ぎましょう

注がれ方

  • 右手でおちょこを持ち、左手でささえます(必ず両手で)

乾杯はおちょこを軽くあわせたら、OKです。

お酌は注ぎ注がれ公平に

普段やっている注ぎ方とどう違ったでしょうか。正しいお酌のしかたでおいしいお酒を楽しんでください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。