1. 趣味
    2. ねじれ模様のミサンガの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ねじれ模様のミサンガの作り方

    ミサンガの作り方をご存じですか?スポーツ選手が願掛けにつけているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、「ねじり模様」のミサンガの作り方を紹介しています。ねじり部分の一編みをどうやって作るのかが分かれば、後は繰り返していくだけ!マフラーほどのボリュームはないので、意外と短時間で作れてしまいます。1STEPごとの画像も添えてあるので、編み図がなくてもすぐに作れそうです。好きな色を組み合わせて、挑戦してみましょう!
    このライフレシピのもくじたたむ

    著者の長男がサッカークラブの先輩のために作っていたのを教えてもらい、今度は著者が子どものお守り代わりに作りました。子どもでも作れる簡単な、ねじれ模様のミサンガの作り方を紹介します。

    用意するもの

    • 好きな色のししゅう糸 2種類
    • はさみ
    • セロテープ

    作り方

    STEP1:刺しゅう糸を用意する

    刺しゅうを糸を、それぞれ1メートルほどの長さのものを2本用意します。

    STEP2:4本の糸を結び固定する

    4本の糸をまとめて軽く結び、テーブルにセロテープで貼って固定します。

    結び目は出来上がった後にほどくので、軽く結んでおきます。

    STEP3:結んだ糸を分ける

    4本のうちの1本を右側、残りの3本を左側に分けます。

    右に置いた糸の色が表に出てきます。

    STEP4:通り輪を作る

    右の糸を3本の糸の上を通り輪を作って下から通します。

    STEP5:繰り返し結ぶ

    それを引っ張って、きゅっと結びます。STEP4から5の結び方を10回繰り返します。

    STEP6:他の色の糸と交互に繰り返し結ぶ

    次に、他の色の糸を右側に残りの3本を左側にして、同じように10回結びます。

    2色の糸を10回ずつ交互に結んでいくと、写真のようになります。

    STEP7:完成

    適当な長さに編んだら、最初に結んだ結び目をほどきます。そして、手首か、足首に結び付けましょう。

    おわりに

    残っている刺しゅう糸で手軽に作れます。色にもいろいろな意味合いがあるようですので、こだわってみても良いのではないでしょうか。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人