\ フォローしてね /

クレジットカードを紛失したときの対処法

このライフレシピのもくじたたむ

「クレジットカードをなくした!」。どんなに気をつけていても、カードがなくなってしまうことはあります。

ここでは、クレジットカードを紛失したときの対処法についてご説明します。

本記事は、2013年3月の社団法人日本クレジット協会への取材情報をもとに執筆されたものです。

対処法

クレジットカードを紛失してしまったら以下のように対処してください。

STEP1:なくしたらすぐに警察に連絡する

もしクレジットカードを紛失してしまったら、すぐに最寄りの警察に届け出てください。

多くのクレジットカードには紛失したクレジットカードが悪用された場合、本会員に負担がかからないようにする制度がありますが、届出をしないことにはせっかくの制度も利用できません。

「どうせ、大丈夫だろう」と届出をしないでいると、悪用された分も自分が負担しなければならなくなります。

カードがないと気づいたら、すぐに届出をしましょう。

STEP2:カードをなくした場所を思い出す/探す

カードをなくした場所を思い出してください。また、カードが盗まれやす場所は以下の通りです。

電車

電車の中で、深く眠り込んだ隙に、財布からカードを盗む手口です。

お酒を飲んだ帰りなどは特に要注意です。

飲食店

飲食店などで、椅子などに掛けた上着のポケットの中から盗む手口です。

自分の椅子の背だけでなく、壁のフックなど、目の届かないところに財布を入れた上着を置くのは危険です。

駐車場

駐車場などで、車の中においたままの財布から盗む手口です。

車の中は決して安全ではありません。

STEP3:盗まれたと思ったら、警察とカード会社に連絡する

カードが盗まれたと気づいたら、すぐにクレジット会社と警察に連絡してください。

また、カード利用伝票は必ず保管し、毎月の利用明細書(請求書)と照合してください。

おわりに

ここでは、クレジットカードを紛失したときの対処法についてご説明しました。

クレジットカードを紛失しても慌てずに冷静になって警察に届けるようにしましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。