\ フォローしてね /

大人の仲間入り!クレジットカードを作る方法

このライフレシピのもくじたたむ

クレジットカードは消費者の信用に基づいて発行されるカードで、消費者はこのクレジットカードを使って、クレジットのシステムを利用することができます。

ここでは、クレジットカードの作り方についてご説明します。

本記事は、2013年3月の社団法人日本クレジット協会への取材情報をもとに執筆されたものです。

作り方

STEP1:クレジットカード入会申込書を手に入れる

クレジットカードの入会申込書は銀行や販売会社のカウンター等におかれています。また、クレジット会社や販売会社に連絡して直接取り寄せることもできます。

多くの会社がクレジットカードを発行し、1つの会社でも複数のカードを用意していることもあります。パンフレット等でそのカードの特性を確認し、自分にあったものを選びましょう。

STEP2:入会申込書への記入・クレジット会社への申込書の提出

申込書やパンフレットにはカードを利用する際に必要なことが記載されています。十分に確認した上で必要事項を記入しましょう。

また、記入する内容はクレジットカードの発行審査に利用されるものです。正確に記入する必要があります。

申込書の提出は、販売会社や銀行を経由するケース、郵送のケース等があります。

STEP3:クレジット会社の審査

クレジット会社は、申込書に記入された内容等をもとにクレジットカードを発行するかどうかの審査をします。電話で申込意思の確認をすることもあります。

本人確認に必要なもの

クレジットカードを作る時には、本人確認のできる資料を提出することが法律で定められています。

本人確認の書類としては以下のものを利用します。

個人の場合

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 母子健康手帳
  • 住民基本台帳カード(氏名、住居、生年月日の記載のあるもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 外国人登録証明書
  • その他、官公庁から発行された書類等で、氏名、住居、生年月日の記載のあるもの(顔写真のあるもの)、など

法人の場合

  • 登記事項証明書
  • 印鑑登録証明書(名称、本店又は主たる事務所の所在地の記載のあるもの)
  • その他、官公庁から発行された書類等で、名称、本店または主たる事務所の所在地の記載のあるもの、など

注意点

上記の書類は、有効期限内のものに限ります。

また、有効期限のない本人確認書類については、事業者が提示または送付を受ける日の前6ヶ月以内に作成されたものに限ります。

おわりに

ここでは、クレジットカードの作り方についてご説明しました。

ここで紹介したのは、あくまで作成方法の一例です。それぞれクレジット会社によって作成の手順は微妙に異なる可能性があるので、カードをつくる際に確認してみてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。