\ フォローしてね /

流れを理解しよう!クレジットカードの利用方法

このライフレシピのもくじたたむ

クレジットカードはお店に利用できるクレジットカードのマークを示したステッカーなどがあります。自分のカードのマークと同じマークが掲示してあればそのカードで買い物できることを示しています。

ここでは、クレジットカードの利用方法についてご説明します。

本記事は、2013年3月の社団法人日本クレジット協会への取材情報をもとに執筆されたものです。

使い方

STEP1:カードの提示

欲しい商品を選び、クレジットカードを販売員に提示します。販売員はカードを受け取って売上の処理をします。

この際、販売員はそのカードが有効なものであるかをチェックします。

STEP2:サインをする

書かれている内容を確認して伝票にサインします。

サインは伝票に書かれている内容をすべて認めるということになります。

このとき金額や支払方法等を確認することが大切です。

STEP3:利用控えを受取る

販売員は利用者が伝票にしたサインとカード裏面のサインが同じであるかを確認します。

確認されれば、商品を受取ることができます。

この時、利用控えを渡されるが、これは自分がクレジットカードを使ってどんな買い物をしたのかの証拠になります。後々のために必ず保管しておいてください。

なお、ICチップを内蔵したクレジットカードの場合、「サイン」のかわりに「暗証番号」を入力することもあります。

伝票に書かれている内容の確認を暗証番号でするということです。

STEP4:後日、代金の支払い

後日、クレジット会社から利用明細が送られてきます。カードを利用した際の控えと利用明細の内容を確認してください。

疑問があればクレジット会社に直接問い合わせてください。

支払いは預金口座からの自動引き落としが多くなっています。

おわりに

ここでは、クレジットカードの利用方法についてご説明しました。

利用控えを捨ててしまう人が多いですが、後々使用することがあるかもしれません。支払いが済むまでは捨てずに取っておきましょう。

(image by amanaimages)
(image by くれじっと入門/日本クレジット協会【PDF】)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。