\ フォローしてね /

お得なサービスがたくさん!株主優待の基礎知識

株式投資をしている方の中には「株主優待」を狙って投資している方がいます。「株主優待」のことを知れば株式投資をより一層楽しむことができます。

ここでは、「株主優待」の基礎知識についてご説明します。

株式投資には「値下がり損」や「企業倒産」といったリスクがあります。必ず利益が出るものではありません。
本記事は、2013年3月のSMBC日興証券株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

株主優待とは?

株主優待とは、企業の株主へのサービスです。

保有する株数に応じて自社製品やサービスなどを受け取ることができます。

株主優待を受けるには?

株主優待を受けるには各企業が定めている「権利確定日」に株主として株主名簿に掲載されている必要があります。

そのためには、権利確定日から数えて4営業日前までに株式を購入しなければなりません。

具体例

ここでは具体例として、3月末(3/31)に権利確定の銘柄の場合をご紹介します。

権利付き最終日 優待をもらうためにはこの日までに購入する必要があります。 権利落ち日 この日に購入しても3月末の優待は受けられません 権利確定日 この日に権利確定した株主が、優待を受けとることができます
優待が届くのは数ヶ月後です。
権利確定日は企業によって月や回数が異なりますが、3月や9月末日の年1回(または年2回)の企業が多くなっています。

リスク

「株主優待」を狙って投資している方は基本的には取引数は少なくなるので、手数料等の心配はしなくてもいいでしょう。

しかし、様々な要因により株価が下落する恐れがあります。そこだけは注意が必要です。

株価下落のリスクは大企業の株式にも存在します。

その他のメリット

株式投資には株主優待以外にも次のようなメリットがあります。

値上がり益

値上がり益とは、その株式を買ったときの値段よりも高く売ったときに得られる利益です。

例えば400円で買った株式を500円で売ると100円分の利益を得ることができますね。

配当

会社の利益から株主(その会社の株式を持っているひと)に支払われるお金です。

配当の支払いについての考え方は会社によります。

比較的高い割合を利益から支払う会社、事業への投資を重視して配当の率を低めに抑える会社などさまざまです。

おわりに

ここでは、「株主優待」の基礎知識についてご説明しました。

株主優待を活用して、よりお得な株式投資をしましょう。

(image by amanaimages)
(image by SMBC日興証券株式会社)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。