\ フォローしてね /

セドナで名物料理を堪能!サボテン・ヘビ・バッファロー3点盛り

近年パワースポットとして注目を集めるセドナは、古くからアメリカ国内でも高級リゾート地として知られ、年間で400万人近くの観光客が訪れる場所です。

上の写真はセドナのアイコン的存在であるカセドラルロック。ここは女性のエネルギーを高める場所として知られています。

セドナは人口1万人という大変小さな街ですが、世界各国からやってくる食通達、時にはプライベートジェットで乗りつけるようなセレブたちを満足させるレストランが集まっています。

セドナ渡航歴

セドナの大自然の美しさ、人の温かさにひかれ、これまで数回、計1カ月ほど滞在し、食べ歩き、街歩き、山歩きを楽しんでいます。

名物料理3点盛り

サボテンガラガラヘビバッファローの料理は地元の食材を使ったセドナの名物料理です。

サボテン(手前左)

サボテンは食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含む健康野菜としてネイティブインディアンの時代から食用として使われてきました。

こちらのフライはわずかに酸っぱい味がしますが、スパイスの効いた衣がサクサクとしてつまみとして最高です。

ガラガラヘビ(右)

このヘビの肉団子は、鶏肉と白身魚との中間の様なあっさりとしたお味で全く臭みもありません。添えられているサボテンの甘酸っぱいビネガーを付けて食べると美味しかったです。

ガラガラヘビはセドナの山を歩いているとたまに出くわす事があるそうです。

バッファロー(左奥)

ネイティブアメリカンにとっては神聖な食べ物とされるバッファローのお肉。お肉自体はあっさりしていますが旨みがあり、まわりの甘酸っぱいソースがとてもよく合っています。

他のレストランでもこれらの食材を使ったメニューはありましたが、どれも量が多く、3品を一度にちょっとずつ、そんな気のきいたメニューがあったのは下記にご紹介するお店だけでした。

お店情報

なかなか食べる機会はなさそうだから食べてみたい!でもまずは味見程度でいいかな...と思う方も多いのでは?

3品を一度にちょっとずつ、そんな気のきいたメニューがあったお店をご紹介します。

『Cowboy Club』

こちらの3点盛りはセドナの中心部アップタウンにある『Cowboy Club』で楽しむ事ができます。

ここは西部劇映画が盛んに撮影された1950年代、撮影後に多くの役者たちが集ったという、セドナの街で最も歴史のあるレストランで、多くの雑誌やガイドブックでも紹介されている大変有名なお店です。

店内には当時の写真等も飾られ、”古き良きアメリカ”を意識したカジュアルで気取らない雰囲気です。

メニューの名前は『アペタイザーサンプラー』といい、価格は$14.99でした。

他のレストランでもこれらの食材を使ったメニューはあったものの、どれも量が多かったのですが、こちらのメニューは二人でちょうどいい量でした。

Cowboy Club お店のホームページ(英語のみ)

アドバイス

セドナの観光シーズンのピーク(3月~9月)は大変混み合いますので、特に夕食は早めの時間、18時前ごろに行くか、事前に予約して行く事をお勧めします。

おわりに

お店の方に勧められなければ手を出さなかったメニューですが、意外な美味しさに正直びっくりしました。日本ではなかなかお目にかかれないメニューです。是非お試しください!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。