\ フォローしてね /

株式のように売買できる投信!ETFの基礎知識

「ETF(上場投資信託)」。この金融商品を聞きなれない方も多いと思います。「ETF」とは、簡単に言うと売買できる投資信託のことです。

ここでは「ETF」の基礎知識についてご説明します。

本記事は、2013年3月のSMBC日興証券株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

ETFとは?

ETF(上場投資信託)とは、取引所に上場している投資信託をいいます。上場しているため、株式と同様に売買取引をすることができます。

「ETF」とはエクスチェンジ・レート・ファンドの略です。

ETFの特徴

ETFには以下のような特徴があります。

特定の指標と連動

株式指数など特定の指標に連動することを目標に運用されています。

「TOPIX」や「金」などの価格と連動します。

具体的な指標としては次のようなものがあります。

指標
日経平均株価(日経225) 上場インデックスファンド225(1330)
東証株価指数(TOPIX) 上場インデックスファンドTOPIX(1308)
海外の株価指数 上場インデックスファンド中国A株(パンダ)(1322)
テーマETF 上場インデックスファンドFTSE日本グリーンチップ35(1347)

投資効果も連動

ETFを購入することで、指標とされる資産すべてに投資するのと類似の効果が得られます。

市場で取引可能

国内外の取引所に上場しており、株式と同様に、市場でお取り引きいただけます。

収益分配金を受取れる

株式の配当金と同様に、投資信託の決算に基づき、収益分配金を受けとることができます。

分配金のない銘柄もあります。

発行された場所による区分

発行された場所により次の区分がされます。

管理料 分配金への課税
国内証券 口座管理料なし 日本の配当課税がかかります
外国証券 外国証券口座管理料がかかります 発行された地域によりことなります
ETFの詳しい税制については、運用会社にご確認ください。

ETFが取引される市場

ETFは国内でも国外でも取引されます。取引される市場ごとに次の区分がされます。

取引 手数料 為替
国内市場 国内上場株式と同様に取引できます 国内株式と同様です なし
海外の市場 海外上場株式と同様に取引できます 取引される国によって異ります あり

国内市場

  • 国内上場市場と同様に取引できる
  • 手数料も国内株式と同様
  • 為替変動の影響なし

国外市場

  • 海外上場市場と同様に取引できる
  • 手数料は取引される国よって異なる
  • 為替変動の影響あり

おわりに

ここではETFの基礎知識についてご説明しました。

「TOPIX」など日本の代表的な株価指数と連動するETFに投資し、日本経済全体に投資をしている気分を味わってみるのはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)
(image by SMBC日興証券株式会社)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。