\ フォローしてね /

メリットがたくさん!外貨MMFの基礎知識

「安全に配慮し、長期の資産運用をしたい」という方は、たくさんいらっしゃいます。このような希望を叶えることができる商品の一つに「外貨MMF」と呼ばれるものがあります。

ここでは、その「外貨MMF」についてご説明します。

金融商品のため、必ずリスクがあります。
本記事は、2013年3月のSMBC日興証券株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

外貨MMFとは?

「外貨MMF」とは、格付けの高い各通貨建ての短期証券や債券を中心に安全性に配慮した運用を行なう外貨建ての投資信託をいいます。

「MMF」とはマネー・マーケット・ファンドの略です。

外貨MMFと外貨預金の違い

外貨MMFと外貨預金には、以下のような違いがあります。

項目 外貨MMF(米ドル) 外貨預金(米ドル)
為替手数料 往復50銭~ 往復2円程度
保有中にかかる費用 間接的に管理報酬等がかかります かかりません。
インカムゲイン 収益分配金 利息
キャピタルゲイン 為替差益 為替差益
税金(為替差益) 非課税 雑所得
換金性 ファンド営業日ならいつでも解約可能 いつでも解約可能
元本の保証 なし 外貨ベースでの元本は保証
外貨預金の場合であっても為替変動により円ベースの元本を割ることがあります。

外貨MMFのメリット

外貨MMFには次の3つのメリットがあります。

  • 安全性に配慮した運用
  • 一般的に、同一通貨であれば外貨預金より為替手数料が安い
  • 売買手数料がない

外貨MMFのリスク

外貨MMFは安全性を重視した投資信託ですが、一般の資産運用と同様に一定のリスクが存在します。

外貨MMFのには以下のようなリスクがあります。

金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利変動により証券価格が変動するリスクをいいます。

金利が上昇した場合には債券価格は下落し、1口当たり価格の下落要因となります。また、金利が下落した場合には、受取利息の減少要因となります。

信用リスク

信用リスクとは、ファンドが投資する債券などの発行体が財政難、経営不振などの理由により、利息などをあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなるリスクをいいます。

債務不履行が発生した場合には、1口当たり純資産価格の下落要因となります。

為替リスク

円で投資した場合に、為替相場の変動のよって円換算した投資元本を割込むリスクをいいます。

おわりに

ここでは、「外貨MMF」についてご説明しました。外貨MMFで息の長い資産運用を目指しましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。