\ フォローしてね /

冷蔵庫の野菜室整理に!けんちん汁の作り方

けんちん汁とは、野菜を使った汁物のことで精進料理のひとつとされています。肉類を一切使わないため、出汁も昆布だしを使い胡麻油を入れてコクを出すのが特徴です。

そんな堅苦しい説明はさておき、野菜室の半端野菜を何でも放り込んで気軽に出来る家庭料理です。各ご家庭により定番具材や味噌の有無など様々です。今回は、味噌入りで基本の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 昆布だし・・・400cc
  • 味噌・・・大さじ2
  • 胡麻油・・・小さじ2
  • 冷蔵庫の残り野菜
残り野菜は何でもOKです。少しずつ色々混ぜると深みのある味わいになります。今回は、玉ねぎ、じゃがいも、大根、シメジ、舞茸、刻みネギを使いました。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:材料を切る

根菜類などは1~3cm程度でお好みの大きさに切り、キノコ類は石突きを落としバラしておきます。冷蔵庫の残り野菜が前提ですので、食べやすい大きさであれば適当で構いません。

STEP2:材料を炒める

胡麻油を引いた鍋に、火の通りやすい葉野菜以外の切った材料を入れて中火で炒めます。

全体に野菜がしんなりする程度に、約4~5分かけて途中火力を弱めながら焦げ付かないように、じっくり炒めることが、肉類を入れなくてもコクのある味に仕上げるポイントです。

STEP3:昆布だしを入れる

昆布だしを入れて中火で沸騰するまで温めます。

この段階で大抵の野菜は火が通りますが、根菜類を入れた場合は火の通りを確認しながら追加で煮込んで下さい。

STEP4:味噌を溶き入れる

一旦火を止めてから、味噌を溶き入れてよく混ぜ合わせます。

STEP5:葉野菜を入れる

再度、火を中火にし火の通りやすい葉野菜を入れて軽く一煮立ちさせます。

完成!

器によそって完成です。具沢山でこれだけでも充分な食べ応えなので、朝食などに最適ですね!

おわりに

作り方の基本の流れを覚えれば、入れる具材は野菜限定なので、何を組み合わせても美味しく頂けます。少量でも種類を多く入れることが、より美味しくするポイントです。ぜひ、冷蔵庫の残り野菜で気軽にお試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。