\ フォローしてね /

お酒に弱い人でも「飲み会」を乗り切るコツ【体験談】

歓送迎会やお花見など、春はお酒を飲む機会が増える季節です。楽しいはずの飲み会ですが、お酒が弱い人、飲めない人にとっては悩みのタネにもなりがち。

飲めないことで場をしらけさせてしまうのでは…と心配したり、お酒が飲めないという理由で会への参加を躊躇してしまったりする人も多いと聞きます。

筆者も体質的にお酒が飲めないことで大変な思いをした一人です。今までの体験からお酒が弱い人でも酔いにくく、最後まで楽しめるコツをご紹介したいと思います。

筆者のお酒が飲めない具合

筆者自身、まったく飲めない訳ではないのですが、アルコールを摂取すると持病が発症してしまうことが多く、診察を受けている医者からも極力飲まないようにと言われています。

特にビールはグラス1杯飲むだけでも体調が悪くなってしまうので、よほどのことがない限りビールは飲みません。フルーツ系のカクテルやサワー、梅酒などの甘いお酒を薄めにして、調節しながら飲むようにしています。

お酒に弱い人でも飲み会を最後まで楽しむコツ

STEP1:飲み会前に準備すること

出席者の中に気の置けない友人や心許せる人がいる場合は、お酒が弱い旨を伝えておき、もし無理強いする人がいた場合などはさりげなくフォローしてもらえるようにお願いしておくと良いと思います。

もしそういう人がおらず、自分一人では不安な場合は、幹事などに伝えておくのも良いかと思います。

個人差はあると思いますが、ウコンは効果があるという人が多いです。事前にウコン飲料を飲んでおくのも良いかもしれません。

STEP 2:最初の1杯はアルコール度数が低く、飲みやすいものを選ぼう

最初の1杯はなるべくみんなと同じように飲みたいものです。だからと言ってみんなに合わせて飲めないビールなどにする必要はありません。自分が飲みやすくアルコール度数が低めのものをチョイスしましょう。

できれば氷が入っていて薄まるタイプや、ジュースや水などで濃さが調節できるものが良いでしょう。注文の際に「ちょっと薄めでお願いします」とお願いできれば尚良いです。

STEP3:グラスが空になった時は「注がれないタイプのお酒」を選ぼう

ビールや日本酒など、テーブルに既にお酒が置かれていて、グラスが空になったらすぐ注がれてしまうタイプのものはその場のノリや雰囲気で断りにくいことがあります。

なのでチューハイやカクテル、梅酒など、グラスごとに注文しなければならないタイプのものを選びましょう。こちらも注文の際に「ちょっと薄めでお願いします」とお願いしておきましょう。

STEP4:2杯目以降はノンアルコールをうまく利用しよう

1杯目からノンアルコールやソフトドリンクを頼むのはちょっと気が引けますが、2杯目からはノンアルコールカクテルやソフトドリンクでも大丈夫です。

最近はノンアルコールカクテルの種類も増え、見た目には普通のカクテルと見分けがつかないものが多いので、うまく利用しましょう。

飲み方のコツ

お茶やお水を併用しよう

お酒を飲みながらお茶やお水をチェイサー(続けて口直しに飲むドリンクのこと)にして飲むのは、酔いにくくするのにとても有効です。最初の1杯を注文する時に、必ず一緒に注文しておきましょう。

「お酒:チェイサー」が「1:3」ぐらいの割合で、お酒を一口飲んだらお茶や水を三口飲む、ぐらいを意識して飲みましょう。

ゆっくり飲もう

当然のことですが、飲むペースが早いと酔いの回りも早くなります。お喋りに花が咲き、味の濃いものを食べることが多い飲み会では喉も渇きやすく、つい一気にゴクゴク飲みたくなりますが、そういう時は2回に1回はお茶やお水を飲むようにするなどして、あまり早いペースにならないようにしましょう。

一緒に食べるもの注意点

NG:油の強いもの・味が濃いもの

筆者の体験からですが、逆に一緒に食べると酔いやすい、気持ち悪くなりやすい物として、揚げ物など油の強いものや味噌・ソース系などの味が濃いものなどが挙げられます。油ものや味の濃いものはお酒に合いますし、塩分なども高いので喉が渇きやすく、それに合わせてお酒の量も増えてしまう傾向があります。

またこれも個人の体感ですが、他のメニューに比べると揚げ物や味の濃いメニューは悪心・嘔吐を引き起こしやすく、その度合いも強い気がします。

NG:空腹

また常識ではありますが、空腹での飲酒は酔いやすいので、最初にある程度しっかり食べておくことは大事です。

OK:チーズ・乳製品

チーズや乳製品が良いと言われますが、都合よくメニューにあるとは限りません。

OK:サッパリしたもの・食物繊維やたんぱく質の多いもの

漬物サラダなどのサッパリしたものや食物繊維の多いもの、また肝臓の働きに必要なたんぱく質が豊富に含まれている豆腐焼き鳥などを進んで食べるようにすると、酔いにくいかと思います。

おわりに

お酒は飲む人それぞれのペースがあります。場のムードや雰囲気を壊したくないばかりに、周りのペースに乗って飲んでしまうと、結局、自分も辛くなりますし、周りにも迷惑をかけてしまいます。

何より楽しい気持ちで飲むことが変な酔い方をしない、酔いにくい一番の方法です。無理に周りに合わせることなく、自分のペースを守ってお酒や飲み会を楽しんでくださいね。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。