1. 暮らし
    2. 結婚式・披露宴出席!やってはいけない女性の服装

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚式・披露宴出席!やってはいけない女性の服装

    結婚式(披露宴)でのタブーはいろいろありますが、今回は、出席する際、やってはいけない女性の結婚式の服装を中心にご紹介したいと思います。

    やってはいけない!女性の結婚式の服装

    白、もしくは白に限りなく近い色の服

    ウェディングドレスといえば白。

    今は個性的なドレスが増えたとはいえ、白は花嫁さんの色。その白を参列者が着るということはタブーとされています。実際に結婚するのは花嫁さんだということを思い出して下さい。

    実際は白ではないけど、遠目や写真に写ると「白?」と思われそうな色(ベージュやうすーーいピンクなど)もできれば避けましょう。

    真っ黒

    真っ黒はお葬式を連想されるのでタブーとされています。黒の服装の時にはコサージュなど飾りを必ずつけましょう。

    柄物

    じつは柄物のワンピースもタブーとされているのです。「フォーマル=無地」が基本です。無地で、明るい色を選びましょう。

    肌を出す部分が多い

    胸の部分がガバーっと開いたものや丈の短いスカートは避けましょう。スカート丈は膝あたり もしくは膝下で。

    ロングもタブーと言う方もいますので注意。

    特に教会での結婚式や、お昼間に行われる式では肌を出すの部分はできるだけ少なくするのがベターです。肩が出ている服にはショールを羽織るようにしましょう。

    ミュール

    これ、意外に知らない方が多いようです。ミュールは絶対にタブーです。

    ミュールにつけるストラップが売っていたりしますが、それをつけてもミュールはミュール。避けたほうが良いでしょう。靴はかかとのあるもの、パンプスにしましょう。

    ブーツ

    ブーツもカジュアルなものとされていて、ミュールと同じくはいていくと「非常識」と思われる場合もあります。

    二次会ならOKでも、親族も出席される結婚式や披露宴では避けておきましょう。

    皮(レザー)や毛皮(ファー)の素材

    殺生を連想させるのでこれらの素材でできた服やバッグなどは避けるべきとされています。

    ストッキングの色と柄

    • ''黒ストッキング
    • 柄ストッキング
    • 生足・タイツ・ハイソックス

    とにかくナチュラルな無地のストッキングをはいていけということですね…!

    ラメが少し入ったストッキングならOKです。

    その他

    • スーツ (特にパンツスーツは×)
    • スニーカー・下駄・ビーチサンダル (こんな人いないと思いますが念のため…)

    あなたの評価=新郎新婦の評価になるかも?!

    最近はカジュアルな結婚式も増えてきたりして、あまり堅苦しく考えない新郎新婦もいらっしゃいます。

    しかし老若男女が集う場やフォーマルな場に行く際は、服装やマナーに気をつけることに超したことはありません。

    特に結婚式には新郎新婦の友人代表として出席します。主役である2人の顔に泥を塗らないように、充分気をつけたいものですね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人