\ フォローしてね /

伸びてしまったズボンのゴムひもの交換方法

普段パジャマ用に履いてるズボン、ウエスト部分のゴムがのびのびになってたりしませんか?毎日履くものだから気づいたらゴムひもがゆるゆるになっていた、なんてことも大いにありますよね。交換した方が良いんだけど面倒だし、裁縫は苦手だし、と見て見ぬふりをしているそこのあなた。実は、本当に簡単な方法であっという間に交換できちゃうんです!面倒くさそうというイメージは払拭して、試しにやってみませんか?捨てようと思ってたそのパジャマ、まだまだ着れちゃいますよ。

ズボンなどのゴムひもがゆるゆるになってしまうと、履き心地の悪いことったらありませんよね。気になってはいるけれども…と思っているなら、今すぐに取り換えてしまいましょう。

あっという間に交換完了で、快適に過ごせます。ゴムひもの交換方法をご紹介いたします。

用意するもの

  • ゴム通し
  • ゴムひも
ゴムひもはさまざまな太さのものがあります。子供用の下着などは細いゴムを、中くらいのものは子供用のズボンなどに、大人用のズボンなどは、太いしっかりしたものを使用するといいでしょう。

ゴムひも交換のしかた

STEP1

子供用のズボンのゴムを換えます。ゴムの部分を見ると、こちらのズボンはゴムの交換口がありますので、ここからゴムを換えます。

こちらのズボンは交換の穴があいていません。その場合は、布を目立たないように少し切り、そこから交換します(写真では上の段)。

縫い目があるならそこを少しほどいて、そこからゴムを換えます(写真では下の段)。

今回はこちらの換え穴のないもののゴムを交換します。

STEP2

伸びきったゴムをはさみでカットし、ひっぱって取り出します。

STEP3

ゴム通しにゴムを通して、軽くしばります。

ズボンによってはゴムを通す場所が狭いものもあります。その場合はしばってしまうと、ゴムを通しにくくなることもありますので、しばらずに作業しましょう。

STEP4

布を切って作った通し口から中を通していきます。

ゆっくり、慎重に通していきます。

STEP5

通し終わったら、端同士をきつくこま結びをしてほどけないようにします。

結び目がボコボコしていやだという方は、丁寧にミシンで縫いましょう。

STEP6

ゴムの交換口として布を切った部分(又は縫い目をほどいた部分)はそのままにしておくとほつれてきます。ゴムを通し終わったらぬっておきましょう。

STEP7

縫い目が目立たなくなったら、完成です。

おわりに

一見面倒に思われがちですが、以上のように意外と簡単に出来るもの。

気づいたら早めにやってしまいましょうね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。