\ フォローしてね /

入居後のトラブルを防ぐ!事前に新居の不備をチェックする方法

元々キズがついていた壁なのに、確認が取れないために修繕費を請求されてしまった…。引っ越す際に、こういったトラブルを経験した方は多いのではないでしょうか。

ここではトラブルを回避するための、引越し前のチェック方法をご紹介。場所や設備ごとにポイントをまとめているので、是非参考にしてください。

本記事は、CHINTAIのご協力により、2013年に執筆されたものです。

考え方

お部屋のチェックは引越し前に!

時間に余裕があるなら、引越し当日までに前もって掃除に行ったほうがよいでしょう。その際に、汚れやキズのチェックも忘れないようにしてください。入居後に不備が見つかった場合、引越し前からあるものかどうか曖昧になり、トラブルのもとになる場合があります。

万が一、不備があった場合は?

万が一、キズなどがあった場合は、「これは前からです」ということが証明できるように、日付けの入るカメラで写真を撮っておくのも一つの方法です。

新居のチェックに持っていくもの

  • メモ
  • 筆記用具
  • メジャー
  • カメラ

場所・設備別チェックポイント

チェックポイントは以下の通りです。ちょっと多いですが、ぬかりなくチェックしましょう。

キッチン

  • 水もれ
  • 水の出具合
  • 給湯器の最低温度と最高温度での湯温
  • 給湯器の燃焼具合(異臭の有無)
  • 排水の流れ具合
  • 作り付け収納部
  • 扉類のレバー
  • シンクなどのステンレス
  • タイルや壁のクロス
  • 流し台付近の床

トイレ・お風呂・洗面台

  • トイレの排水
  • 便器
  • 床の汚れやクロスの破損
  • 防水カン
  • 鏡や小物入れ
  • ドアの防水パッキン
  • シャワーや蛇口の出具合
  • 切り替えレバーの動き
  • 浴槽
  • 壁や床のタイル・プラスチック

窓ガラス

  • 欠け、ヒビ

ベランダ

  • 物干し竿掛け金具
  • 手すり
  • コンクリート部
  • エアコン吊り下げ金具

床・壁・天井

  • ふすまの開閉
  • 押し入れ内部
  • 畳やふち
  • 壁や天井
  • フローリング床
  • クッションフロア カーペット

玄関

  • ドアの開閉
  • ドアクローザーの具合
  • 防犯チェーンの掛かり具合
  • 鍵の掛かり方
  • 下駄箱など玄関収納の内部や扉
  • 玄関床の損傷

室外のチェック

  • 集合郵便受け
  • 玄関ドアの郵便受け

補足:引越し前に行っておきたいこと

事前に新居を訪れた際、やっておくべきことをまとめました。併せてチェックしてみて下さい。

新居の掃除

掃除はほうきでホコリを払い、固く絞ったぞうきんで水ぶきをするくらいで十分です。下の階や隣が飲食店などの場合は、家具が運び込まれる前に必ず害虫駆除剤を散布しておきましょう。

部屋の寸法・設備の数をチェック

  • 窓の大きさ
  • キッチンの台や引き出しの大きさ
  • ガスの種類
  • 照明(プラグ)の種類と数
  • 電話線の位置
  • TVアンテナの位置
  • コンセントプラグの数

これらの寸法や数をチェックしておくと買い物の際に役立ちます。

キッチンまわりの寸法を細かく測っておくと「大きすぎるガス台や家電、引き出しに入らない小分けトレイを買ってしまった」という心配がありません。

また、電話線、電源プラグの位置、TVアンテナの位置からおおよその電化製品の配置を想定できるので、あらかじめ部屋全体のレイアウトを考えておけば、荷物搬入後の片付けもスムーズになります。

おわりに

「あのときしっかりチェックしておけば…」と後悔しないためにも、しっかりと確認しましょうね。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。