1. 雑学
    2. 「ふた付きお椀」を簡単に開ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ふた付きお椀」を簡単に開ける方法

    和食屋さんに行って料理を注文するとついてくる、温かいお吸い物やお味噌汁。「あのふたが堅くて開かなかった」なんてことはありませんか?

    今回は、ふた付きお椀を簡単に開ける方法をご紹介します。

    ふた付きお椀のを簡単に開ける方法

    STEP:1

    お椀のふちを左手でおさえ、右手でふたのつまみを持ちます。

    STEP:2

    おさえた左手で、お椀を軽く内側に押します。こうする事で、密閉状態が解除されふたがすんなりと開くようになります。

    STEP:3

    そっと「の」の字を書くようにふたをあけます。

    ふたを勢いよくあけると、水滴が飛び散る可能性があります。そっと右側にあけ、数秒待ち、水滴がお椀の外にこぼれないようにしましょう。

    STEP:4

    とったふたは、裏返してお椀の右側におきます。

    お膳がある場合は、お膳の外側におきましょう。

    STEP:5

    お椀を両手で持ち上げ、左手に持ち直します。右手でお箸を持ったら、お汁をひとまぜして頂きましょう。

    お汁は最初にいただくもの

    和食をいただくときに、いきなり菜(オカズ)から食べていませんか。もちろん自分の好きなものを好きなタイミングで食べるのが一番おいしいです。

    ですが、和食ではお汁を最初にいただく事がマナーになっています。

    その理由は2つあります。

    その1: お箸にご飯粒をつけないため

    ご飯を炊飯器からよそうときに、おしゃもじを水で濡らしませんか?あれは、おしゃもじにご飯粒がつくことをふせぐためです。

    お箸も一緒です。乾いたお箸でご飯を食べると、ご飯粒がつきやすくなります。

    そこでご飯を食べる前にお汁をいただき、ご飯粒がお箸につくのを防ぐのです。

    その2: ご飯を食べるよと身体にサインをおくるため

    お汁をいただくことで、身体が『食事を食べるんだな、栄養をしっかりと吸収しよう』と準備を始めます。

    食事の最初にお汁を味わいながらいただき、身体にサインを送りましょう。

    マナーには由来があるころがほとんどです。マナーを守っておいしく和食を頂いてくださいね。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人