\ フォローしてね /

分類するからわかりやすい!子供のおもちゃ収納術

子どもが小さいうちは、子供部屋ではなくリビングで遊ぶことが多いですね。著者宅はリビングの作り付けの棚に子供達のおもちゃをしまっていますが、仕切りがなくて上手に片付けられませんでした。

今の方法に変えてから子供達も上手にお片づけできるようになりましたので、ご紹介します。

子どもがおもちゃを片付けられない理由

楽しくない

散らかっているところを、「片付けなさい」と強く言われると、子どもは片付けに対して面白くないイメージを抱いてしまいます。

出すのが面倒

せっかく片付けて綺麗になっても、奥の方に入り込んだおもちゃを出すのが面倒になってしまうため、片付ける意味がわからなくなってしまいます。

収納の方法

1.ジャンルごとに分類する

積み木はこの箱、車はこの箱、とおもちゃのジャンルごとに分類して収納します。脇にシールを貼り、おもちゃの絵や名前を書いておくとわかりやすくなります。

100均のカラーゴミ箱を使用しています。

2.小物を小さなトランクにまとめる

おはじきやブロックなど、細々とした無くなりやすいおもちゃやコレクションなどは小さな透明のトランクに入れましょう。棚に積んで入れても、中に何が入っているのか一目瞭然です。

このミニトランクも100均製品です。

3.わかりやすく並べる

棚をあけた時にどのようなおもちゃが入っているのかすぐに分かるように、ラベルを貼るなどして並べます。

ポイント

分類することで遊び感覚に

お片づけの時に「積み木はここに集まれー」「車はここに集まれー」と声をかけることで、子どもはゲーム感覚で片付けに取り組みます。分類することが頭の体操になるようです。

棚の大きさを測る

作り付けの棚におもちゃを収納する場合は、高さや幅、奥行きを測ってから収納グッズを買いに行きましょう。扉を閉められる大きさのものを選ぶことが重要です。

注意点

大きなおもちゃ箱は要注意

以前は大きなおもちゃ箱に入れるだけという方法をとっていました。これは、片付けるのは簡単なのですが、子どもが片付けを楽しめなくなってしまいました。

また、奥の方のおもちゃを出す時にすべてのおもちゃを出さねばならず、部屋がすぐに散らかってしまいました。著者宅では意外にも分類する方が片付きやすいようでした。

おわりに

いかがでしょうか。大きなおもちゃ箱にうまく片付けられない場合は、上のように分類する方法を試してみるのも一案です。分類する箱は安価で手に入りますので、実践しやすいかと思います。この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。