\ フォローしてね /

女性が酔って寝てしまった場合の男性の対処法

飲み会で女性が酔って寝てしまった場合に、起こした方がいいのかそっとしといたほうがいいのか迷う場合があります。異性の場合は同性と対処が異なる為、苦労します。

今回は女性が酔って寝てしまった場合の男性の対処法をご紹介します。

著者が参加した飲み会について

飲み会について

  • 時期:2012年4月
  • お店・席:焼き鳥居酒屋で半個室座敷
  • 参加者:職場の同僚と20名位
  • 飲み会の主旨:職場の歓迎会

酔ってしまった人について

20代前半の社員で、飲み会のような場所になると羽目をはずしてしまうタイプで、弱いのにもかかわらず勢いで飲んでしまい潰れてしまう人です。著者は女性の同僚にあたり普段から仲はよいほうでした。

酔って寝てしまった人への対処法

STEP1:起こして水を飲ませる

深い眠りになる前に起こします。寝ぼけたりしていた起きた場合でも水を飲ませて酔いを冷まさせます。水を飲む気力がなかったり万が一起きなかったとした場合には、冷たいおしぼりなどを顔にあててさっぱりさせます。

STEP2:1人で帰れるか帰れないか確認する

起こしたところで酔った女性を本人の意識が薄い中で帰らせるわけにはいきません。自分で帰れるか確認をします。

酔いと眠気ではっきりしない言動の場合には、自宅まで送ってくれる同僚がいない限りは酔いが冷めるまで付き添います。

昏睡状態の女性を一人で帰らせた場合に無事に自宅につくかの保障がありませんし、男性ならほっておくところですが女性に対しては同じ扱いができません。

STEP3:帰るまで見届ける

女性が一人で帰れない場合でも、いつまでも付き合うわけにはいかなくなります。

そのような場合には、お店などで待っているよりもタクシーに乗せて自宅まで連れて帰った方が時間も短縮できますし、確実に帰ったことがわかるので著者も安心します。

おわりに

女性を介抱したり、自宅まで送り届ける事で大切な同僚の事に心配事がなくなり著者も安心して帰宅できます。次の日に女性に会った場合にすごく感謝されますのでやってよかったと思いました。

同僚としても男性としても株があがり、職場でも仕事などを頼みやすくなりますね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。