1. 料理
    2. 失敗知らずのふっくら黒豆煮の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    失敗知らずのふっくら黒豆煮の作り方

    おせち料理にもかかせない黒豆、上手く仕上がらなかった経験はありませんか?

    ちょっとした手間で皮が破れにくく、しわになりにくい黒豆煮のつくり方をご紹介します。お正月や行事のたびに作っていますが、失敗知らずです。煮る前の晩(10時間以上前)から下準備します。

    用意するもの (約5人分)

    • 黒豆:(写真のものは300gです)
    • 砂糖:200~300g(好みで調整してください)
    • 水:1.5リットル
    • 塩:ひとつまみ(小さじ1/4)程度
    • ザル
    • 大き目のボウルと鍋

    黒豆煮の作り方

    STEP1:黒豆の下ごしらえ

    黒豆はザルに上げ、傷んでいるものや皮の破れているものをのぞき、黒豆の表面についた汚れを流水でやさしく洗います。

    ゴシゴシ洗うと皮が傷ついてしまいます。煮た時に皮が破れてしまうのでやさしく洗いましょう。

    STEP2:水に浸す

    洗った黒豆を大き目のボウルに入れ、塩を溶かした水をゆっくりそそぎます。そのまま一晩(10時間以上)浸しておきます。塩をほんのちょっと入れると煮る時に皮が破れにくくなります。

    水が冷たすぎる場合、10度~20度程度のぬるま湯にします。

    10時間後、一晩浸して水を吸って大きくなった黒豆です。

    STEP3:やわらかく煮る

    黒豆は浸していた水ごと鍋に入れ、弱火でゆっくり煮ていきます。アクが出てきますので、こまめに取りましょう。

    水が少なくなってきたら(黒豆の表面が出る程度)30度~40度程度のぬるま湯をちょっとずつ足します。1時間程度たったら黒豆を食べてみて、固ければもう少し煮ます。固さが調度良い状態になったら、砂糖加え15分程度煮ます。

    煮ている間、黒豆をおたまなどでかき混ぜないようにします。皮がやぶれやすくなります。気になるようなら鍋ごとゆすります。

    STEP4:仕上げ

    やわらかく煮えた黒豆は冷まして味を馴染ませます。器に盛り付けて完成!残りの黒豆はタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存します。

    おわりに

    煮ている間が重要です!ちょっと大変ですが、水加減と火加減をじーっと見張っていましょう。ぜひ、作ってみて下さいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人