\ フォローしてね /

菜の花をおいしく仕上げる下ごしらえの方法

春になると出回る菜の花は歯ごたえと苦味がおいしい野菜です。菜の花は茎と葉の部分で固さが違います。

時間差で茹でることで、歯ごたえを同じにするのがおいしく仕上げるポイントです。

用意するもの

  • 菜の花:1束(100g程度)
  • 水:1リットル
  • 塩:小さじ半

菜の花の下ごしらえの方法

STEP1:切る

菜の花を葉と茎の部分に切り分けます。

菜の花は軽く水洗いし、まな板に同じ方向に合わせて置きます。半分くらいの位置で切ります。

STEP2:茹でる

鍋に水を入れ沸騰したら塩を入れます。STEP1で切り分けた茎の部分を入れ、中火で20〜30秒茹でます。

続いて葉の部分を入れ、中火で1分程度茹でます。

茎と葉の部分を時間差で茹でることで歯ごたえを同じにします。

STEP3:仕上げ

茹で上がった菜の花はさっと水にさらし、ザルに上げます。軽く絞って水気を切ったら下ごしらえの出来上がり!

水にさらすことでアクを取って鮮やかな色を保つ効果があります。

おわりに

そのままおひたしやからし和えに利用できます。パスタや炒め物にもオススメです!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。