\ フォローしてね /

きれいにしあげる!手縫いでの並縫いの方法

著者は裁縫を趣味としていますが、長らくミシンを持っていなかった為、手縫いで子ども服などを作成していました。

その中で覚えた並縫いの縫い方をご紹介します。

裁縫歴

裁縫歴というほどではありませんが、子どもが生まれてから裁縫をよくする様になったので、10年ほどでしょうか。

並縫いの縫い方

STEP1:針に糸を通す

針に糸を通し、糸の端を玉結びします。

STEP2:一目返し縫いする

布に針を刺して、一目返し縫いをします。

刺した針を引き抜き、最初に刺した場所にもう一度刺します。

STEP3:並縫いする

針を引き抜いたところです。ここから並縫いを始めます。

STEP4:まとめて縫う

一回ごとに針を引き抜かずに、何針かまとめて縫います。

STEP5:等間隔にする

針を引き抜いたところです。

なるべく等間隔になるようにします。

STEP6:玉止めする

最後に玉止めをして完成です。

きれいに並縫いするコツ

並縫いをうまく早くするコツとしては、針の動きに合わせて、布を持った左手を動かすといいです。

おわりに

並縫いは裁縫の基礎ですが意外ときちんと習ってはいないものです。

ミシン目のようにきれいに縫う必要は無いと思いますが、等間隔に縫えるようになるときもちがいいので、練習してみてください。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。