\ フォローしてね /

日本人だったら大抵ウケる!シュールな足付き鶴の折り方

折り紙で作った折り鶴は、平和を願う象徴として、国際的なプロジェクトになるほどメジャーになりつつあります。また、国内でも、ボランティアが被災地の子供たちにむけて千羽鶴を折ったりするなど、日本人でその存在を知らない人はほとんどいないはず。そういった真面目な側面が多い折り鶴ですが、そのパロディ版の「足付き鶴」なるものがあります。思わず笑ってしまうその外見はインパクト絶大。こちらでは、ちょっとしたネタになる足付き鶴の折り方をご紹介します!

折り紙で作る!シュールな足付きツルの折り方

今回は折り紙の代表ともいえる鶴に、脚をはやす方法をご紹介します。

一度作り方を覚えるととっても簡単なので、ぜひ試してみてください。

初めて見る人は、確実に笑います。そして、何度みてもジワジワとくる面白さです。

用意するもの

  • 折り紙(1羽につき1枚)
  • はさみ

作り方

STEP1:ふつうに鶴をおります

鶴のおり方は、下記の記事がとってもわかりやすいです。

はじめて鶴を折る人はぜひ参考にしてみてください!

折り鶴の作り方

STEP2:鶴のしっぽを、下におろします

STEP3:しっぽを、左右に切り分けます

しっぽ(だった箇所)の先っぽから、根本までハサミで切ります。

STEP4:足の形をつくります

まずは、根本から足を開き、折り目をつけます。

つぎに、ひざ、足首を好みの形におります。

STEP5:羽をひろげたら、完成!

羽をひろげて整えてあげると、足つきのシュールな鶴が完成です!

気持ち悪いので、あまり小さなお子様には与えないようにしてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。