\ フォローしてね /

安全に、快適に!ハムスターの防寒対策まとめ

ハムスターの飼育歴4年目の著者が実践している、ハムスターの冬の間の防寒対策をご紹介いたします。

著者が飼ってるハムスター

一代目はジャンガリアンハムスターでした。現在は二代目ゴールデンハムスターの男の子を飼っています。

冬の間、気温が下がり過ぎるとハムスターは擬似冬眠してしまうため、出来るだけ温度変化が少ない状態で飼育してあげたいものです。

夏は風通しの良い金網ゲージを使用しますが、気温が下がる時期は横から風が入らない衣装ケースなどを利用して飼育すると温度が保ちやすいです。

衣装ケースはフタに空気穴を開けることをオススメします。

ゴールデンハムスターは体が大きく、わんぱくですので脱走しないよう、登りやすい角(コーナー)やケースの端を避けて空気穴を開けましょう。

この写真は、著者が実際に使用している衣装ケースのフタです。

加工の際は怪我をしないよう十分注意して下さい。専用のプラスチックカッターなどを利用すると便利です。

日中の防寒対策のポイント

飼い主さんと一緒に過ごす場合

日中、飼い主さんと一緒に過ごす場合には、飼い主さんが快適な温度の室内で過ごせば大丈夫です。著者は部屋にファンヒーターを入れたり、ホットカーペットを利用して過ごしています。

ハムスターのゲージは、暖かい場所を選んで移動させたりしました。

換気も兼ねて時々フタを外してあげるとよいですね。

飼い主さんが日中留守である場合

飼い主さんがお仕事などに出掛けて、日中の温度管理が出来ない場合には、下から温めるホットカーペットを利用するとよいでしょう。エアコンでもOKです。

朝晩は寒さが厳しいですが、日中は少し暖かくなることも考えて、暑くなり過ぎないよう温度変化に注意します。お住まいの地域などによって、設定温度を工夫しましょう。

夜間の防寒対策

温めるための道具を用意

著者は一人用の小さなホットカーペットを用意し、その上にゲージを置いています。

ハムスターの小屋の中に入れる専用ヒーターなども販売していますが、冬の間は衣装ケースで飼育しているため、コードのあるものをゲージの中に入れるのが困難なので使用していません。

温度を保つためにすること

下から温めるだけでは、気温の低い夜間に温度を保つことが出来ません。

そこで、快適な温度を一定に保つため、厚さのある掛け布団でゲージ全体を覆います。毛布や薄い布団などいろいろ試してみましたが、普段使っている掛け布団が一番保温効果がありました。

我が家ではハムスター専用に1枚お布団を用意しています。

窒息などを心配される方も多いと思いますが、中に十分なスペースがあれば大丈夫です。もしあまり大きくないケージでこの方法をされるときは、空気穴を避けて布団をかぶせてください。

夜間の注意点

飼い主が眠っている時間こそ、ハムスターが一番体を動かして遊ぶ大切な時間です。しかし、冬の夜間は一番寒い時間帯でもありますので、しっかり防寒対策を取りましょう。

ハムスターは寒過ぎると擬似冬眠して命を落とす危険もあります。しかし、温度が高過ぎても弱ってしまうため、ゲージの中に温度計を入れておき、快適な温度であることを時々確認してあげることをお忘れなく!

我が家のゲージの中はこのような環境になっています。

保温を心がけている時期のエサは、余分を入れ過ぎずこまめに交換しましょう。

おわりに

著者はこの冬、ほぼ夜間も小屋の中の温度が20度前後という快適空間を作ってあげることが出来ました。掛け布団は余計な光もさえぎるため、ハムスターにとって好条件だったようです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。