1. 料理
    2. キャベツとチーズの相性で決まる!変わり種たこやきの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    キャベツとチーズの相性で決まる!変わり種たこやきの作り方

    たっぷりのキャベツととろけるチーズがものすごくマッチして、とても美味しいたこやきができます。さらに、ウインナーをタコの代わりに入れることで、子供に大人気の絶品たこやきの完成です。

    ちょっと変わった、いつもとは一味違う、変わり種たこやきを作ってみて下さい。たっぷりのキャベツが取れることもあり野菜不足も解消です!

    必要なもの

    材料(たこやき50個分)

    • 市販のたこやき粉…2袋(250g)
    • ウインナー…10本程度
    • キャベツ…4分の1
    • とろけるチーズ…適量
    • 卵 (たこやき粉の種類によっては卵1つが必要になります)
    • カツオ節
    • ソース
    • お好みでマヨネーズ

    道具

    • たこやき器
    • 竹串またはたこピン
    • 油さしまたはクッキングペーパー

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:ウインナーとチーズを切る

    ウインナーを1cm各に切ります。とろけるチーズも、お皿に使う分量出しておきます。

    STEP2:キャベツをみじん切りにする

    キャベツをみじん切りにします。大きめのみじん切りにすることで、シャキシャキ感が残り、キャベツの美味しさが引き立ちます。お好みでキャベツの大きさを調節して下さい。

    キャベツのみじん切りは5mmほどにするのがオススメです!

    STEP3:生地を作る

    たこやき粉をボールに入れ、袋に記載されている分量の水を入れ混ぜます。250gのたこやき粉で800ccの水が必要です。卵が必要な場合は、卵も入れて混ぜて下さい。お箸または泡立て器で、だまがなくなるまでしっかり混ぜて下さい。

    STEP4:油を引く

    たこやき器に、たっぷりの油を引きます。まんべんなく油を引くことで、たこやきを転がしやすくなります。

    STEP5:生地を流し込む

    温まったたこやき器に、先ほど作った生地とキャベツを入れます。たこやき器の穴いっぱいになるくらいまで、生地とキャベツを入れて下さい。

    STEP6:その他の具を入れる

    次にウインナーを、1つの穴に1つずつ入れていきます。その上に、とろけるチーズをパラパラと入れて下さい。1cm角に切ったお餅、紅ショウガ、揚げ玉などお好みで入れても美味しいですよ。

    STEP7:穴のふちをなぞってひっくり返す

    約3分ほど、穴のふちが少し固まってくるまで待ち、固まってきたらタコピンや竹串で、穴のふちをなぞりながらひっくり返します。

    STEP8:固まってきたら完全にひっくり返す

    ひっくり返した所のふちが少し固まってきたら完全にひっくり返します。時間にして3~4分です。その後こんがりと焼けるまで、コロコロと返していきます。

    STEP9:盛りつけて完成

    焼けたらお皿に盛り付けて、ソース、カツオ節、好みでマヨネーズかけて完成です。

    上手に作るためのポイント

    始めに油をしっかり引くことがポイントです。油が足りないと生地がくっついてしまい、上手に転がすことができず丸い形が作れません。油引きがない場合は、ティッシュやクッキングペーパーをてるてる坊主の形にしたもので代用可能です。

    キャベツはたっぷり入れて下さい。キャベツが生地にギュッと詰まったたこやきは、シャキシャキ感が残りとても食べ応えがあり美味しいです。

    さいごに

    関西では1家に1台たこやき器があります。他の地域では家庭にない所もあるかもしれませんが、1,000円ほどで購入できるので、この機会にご家庭でのたこやき作りに是非チャレンジしてみて下さい。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人