1. 趣味
    2. バイク初心者のための「夏」の暑さ対策

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    バイク初心者のための「夏」の暑さ対策

    バイクは、夏は暑く冬は寒い乗り物です。けれど、天気の良い日は思いっきり走りたい!と思いますよね。

    今回は筆者がおすすめする「バイクに乗るときの暑さ対策」をご紹介します。

    暑さ対策

    長袖のTシャツ

    カンカン照りのときは、とにかく薄着をしたくなるものです。ですが、バイクでそれをやるとかえって暑く、疲れてしまいます。半袖のTシャツやポロシャツ一枚のみは避けて、「長袖のTシャツ」あたりを着ると良いでしょう。

    安全面から、メッシュタイプのジャケットを羽織ることも推奨します。走行時に、風が服のあいだ(メッシュ部分)を通り抜ける爽快感は、他ではなかなか味わえません。

    長袖は、半袖と違い、汗をかいた腕に排気ガスの汚れがつかない点もオススメです。腕がベタベタしにくくなります。

    ジーパン

    パンツも同じ理由で、ハーフパンツよりジーパンの方が良いでしょう。

    直射日光はライダーの体力を地味に削っていきます。アスファルトからの照り返しは馬鹿にできません。腕よりも地面に近い足は、その照り返し熱を余計に受けるのです。

    また、ジーパンを履いていれば、よく熱せられたマフラーに、うっかり晒した足を付けて、火傷してしまうこともありません。

    ジェットヘルメット

    ジェットヘルメットは、フルフェイスに比べて安全性が落ちますが、ベターな選択と言えるでしょう。半ヘルは危ないです。

    ジェットヘルメットの利点として、信号待ちの際に水分補給ができるところがあります。

    インナーキャップ

    バイクヘルメット用のインナーキャップというアイテムもあります。これを被れば、頭の汗からヘルメット内装を守り、臭いやベタつきを抑え、寿命を長くしてくれます。

    水筒

    ペットボトルを用意しても良いのですが、キャップを取り外す手間がありますので、片手で開けて直飲みできる水筒をオススメします。

    安く手に入れることができます。中に氷をめいっぱい入れて麦茶を注いでおけば、夏場の水分補給もばっちりです。

    メッシュジャケット・メッシュグローブ

    安全面から、メッシュタイプのジャケットを羽織ることも推奨します。

    また、走行時の風が服のあいだ(メッシュ部分)を通り抜ける爽快感は、他ではなかなか味わえません。

    その他の暑さ対策

    早朝出発

    ツーリングはできるだけ朝早くに出発すると良いでしょう。

    外気温が上昇していない、という意味もありますが、一番の理由は道路の混雑具合です。

    渋滞に巻き込まれれば、逃げ場がありません。すり抜けをしても、途中で止まってしまい、うっかり車と車の間に挟まれると、熱がこもって余計に暑くなります。

    低速で運転しない

    バイク自体の熱を上げないためには、低速で走る時間をなるべく減らすことが大事です。渋滞時のような、スロットルのオン・オフを繰り返した走り方は、エンジンにも良くありませんし、燃費も悪くなります。

    注意点

    大型トラックには、車体横にマフラーが付いている車種もあり、運が悪いと排気ガスの直撃を浴びますので、注意が必要です。

    おわりに

    水分補給をしっかりとしましょう。

    走っていると意外と気が付きませんが、夏場のライディングは体力を消耗します。信号待ちで止まってからバイクを支えられないほど疲れていることに気づくなんてこともあります。

    無理せず、楽しいバイクライフを送りましょう!

    (photo by 足成)
    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人