1. コミュニケーション
    2. おならの音が出た時の緊急対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おならの音が出た時の緊急対処法

    おならは動物なら誰でも出ます。そして、皆恥ずかしがります。犬も、おならをしたときは恥ずかしい顔をします。鼻が効く分、臭さがわかるのかもしれません。

    日本人も古代から「おんならす」とおならを表現してきました。「おん」は丁寧語です。そこがちょっぴり面白い。そこから転じて「おなら」になったようです。

    おならはどうしておもしろいのか。そして、どうして、人前でするとあんなにも恥ずかしいのか。その原因は、どうしても「臭さ」にあるといわざるをえません。

    どんなに美人で、メイクが完璧で、流行のファッションで身を包んでいたとしても、音が鳴ったおならはごまかしようがないのです。音が鳴らなければ、なんとか他人のせいにもできますが、音がなってしまうと大変。有罪が確定してしまいます。大ピンチですね!

    そういう場合の緊急の対処法を書いてみようと思います。

    おならの音が出たら…?

    黙ってやり過ごそうとしたり、咳払いをするのは、賢い方法とは言えないようです。正解は、大きく捉えると一つ。

    即座におならをしたことを告げましょう。

    正直に告げるメリットは計り知れない物があります。窮地でも、正直に自らの失敗を申告できるという評価をされることもあります。

    気まずい空気が流れる前にきっぱり自分の非を認めなければ、周りの評価はどんどん下がっていきます。普段のあなたの行いが素晴らしければ素晴らしいほど、下がる度合いは大きいことでしょう。

    時々、おならをした後に咳払いをするを見かけますが、そんなことでごまかされるはずがないし、咳払いの勢いで2発目が出てしまう恐れもあります。

    そういったデメリットを考慮に入れると、やはり正直に告げるのが賢い方法のようです。

    告げ方にバリエーションがあります

    「失礼!で先程の話に戻りますと・・・」と謝りつつ話を続ける

    オトナの対応ですね。顔色を変えずに実行することで、ミステリアスな魅力が加わるかもしれません。

    「屁こいたからね」とみんなに教える

    殆どの人が、こころの中で「知ってる!」と叫ぶことでしょう。個人的にはこれを一番勧めます。あまりに正直な告白なので、相手も正直にリアクションをとりやすいです。怒る人はいないはずです。

    「テロよ!姿勢を低くして」と警告する

    多くの人が「なわけねえだろ!」と声に出して突っ込みたがることでしょう。全力でその場から遠ざかる人もいるかも知れません。どちらにしてもジョークだとわかってもらえます。

    「ラ?それとも、ソ#?」と耳を済ませる

    絶対音感の話題にさりげなくすり替えるテクニックです。普段、音楽に深い興味を持っている人が使うと、感心されるかもしれませんね。

    みなさんは、おならの音が鳴ったときにはどのように対処しますか?ご意見をいただけると幸いです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ