\ フォローしてね /

意外なモノを一工夫!人目に触れない下着の捨て方

古くなった下着を捨てるとき、人に見られないように捨てたいものです。とくに女性なら、下着の捨て方には気をつけたいものです。

しかし、最近ではゴミの捨て方にも地域によってルールが異なります。筆者が住んでいる地域では、半透明のゴミ袋でOKなのですが、新聞紙の文字が見えるぐらい透けているゴミ袋でないと捨てることができません。

そこで、筆者が行っている見た目に下着とはわからないような捨て方を紹介します。

捨てるタイミング

  • 生地が薄くなった
  • ゴムが伸びた
  • サイズが合わなくなった
  • レース部分がよれてきた

用意するもの

  • トイレットペーパーの芯2本
  • ハサミ

捨て方

STEP1:下着を入れるケースを作る

トイレットペーパーの芯にハサミで切り込みを入れます。

STEP2:下着を入れる

切り込みを入れたトイレットペーパーの芯に、下着を入れます。

STEP3:見えないように蓋をする

下着を入れたトイレットペーパーの芯の上から、もう一つ切り込みを入れたトイレットペーパーの芯で蓋をします。

これでゴミ袋に入れれば、見た目はトイレットペーパーの芯なので、下着が人目に触れることを避けることができるので安心です。

おわりに

いかがだったでしょうか。下着の捨て方に困っている方は、参考にしてみてください。

下着の捨て方にルールのある地域の方は、そのルールに沿って捨てるようにしてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。