\ フォローしてね /

赤・黄・緑の3色をバランス良く飾ろう!ちらし寿司をきれいに盛り付けるコツ

ひな祭りや子供の誕生日など、お祝い事がある日は、見た目が華やかでみんなで食べることができる、ちらし寿司がぴったりですね。

ちらし寿司をうまく盛り付けたいけれど、どうすればきれいに盛り付けることができるかわからないという方も多いかと思います。ここでは、ちらし寿司をきれいに盛り付けるコツをご紹介します!

準備する材料(ちらし寿司約4人分)

  • ちらし寿司の素…4人前用1袋
  • 炊き立てのご飯…1.5合分
  • のり・ごま…適量

赤の具

  • ボイルしたえび…100gくらい
  • 桜でんぶ…適量

黄の具

  • いり卵…卵3個分くらい

緑の具

  • きゅうり(1cmくらいの角切り)…3分の2本
  • 水菜…1束

ここに挙げたのは一例です。ほかにも、かにカマや枝豆、コーンなど、お好みで彩りになりそうなものを使ってください。

準備する道具

  • うつわ…直径約25cmくらいのもの
  • しゃもじ…1本

うつわは丸型でも、角型でも、お好みで使用してください。大きさが大きすぎたり小さすぎたりすると、盛り付けた時の見た目が悪くなるので、ご飯を盛ってみてバランスを確認してから使いましょう!

作り方(調理時間:10分)

STEP1:ご飯とちらし寿司の素を混ぜ合わせる

うつわにご飯とちらし寿司の素を入れて、しゃもじで混ぜ合わせます。

STEP2:いり卵を盛り付ける

いり卵を、全体に均一になるように盛り付けます。盛り付ける順番は特にありませんが、量の多いものから盛り付けるとバランスが取りやすいです。

STEP3:えびを盛り付ける

えびを全体に均一になるように盛り付けます。形の大きなものは、たくさん盛り付けすぎると見栄えが悪くなるので、盛り付けた後のバランスで数を加減します。

STEP4:きゅうりを盛り付ける

きゅうりを全体に均一なるように盛り付けます。

STEP5:桜でんぶを盛り付ける

桜でんぶを全体のあいている場所に、バランスよく盛り付けます。桜でんぶは1度盛り付けてしまうと元に戻せないので、慎重に載せましょう。真上から見てバランスを確認しながら、少しづつ盛り付けます。

STEP6:完成

のりとゴマを全体にふりかけて完成です。

のりが嫌いな方は、水菜と桜でんぶを真ん中に飾り付けてもキレイです。

必要な工夫と特に心がける点

1番に必要な工夫は、赤、黄、緑の3色の具を準備して、全体に均一になるように盛り付けることです。

バランスよく盛り付けるために、全部の具をいっせいに盛り付けるのではなく、1色1色分けて順番に盛り付けるのがポイントです。

具をたくさん準備すると、全部盛り付けてしまいたくなりますが、載せ過ぎると見栄えが悪くなりますので、バランスをみて多い具は載せずに少し残すように心がけてください。

おわりに

ちらし寿司をキレイに盛り付けるコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?是非試してみてくださいね。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。