\ フォローしてね /

残さず食べても胃に優しい!キムチ鍋のシメ雑炊レシピ

美味しいキムチ鍋を食べたあとは、野菜やお肉の旨みがギュッと凝縮されたスープも、残さず食したいですよね。

そこで今回は、辛さと酸味が刺激的なキムチ鍋の残りスープで、胃に優しいシメ雑炊を作る方法をご紹介いたします。

今回はこのレシピのシメにしましたが、もちろん他のキムチ鍋でも美味しくいただけます。

材料(1~2人分)

  • キムチ鍋で残ったスープ:約300ml
  • 冷ご飯:120g
  • 乾燥春雨:20g
  • 納豆:1p
  • 玉子:1個
  • 小口ねぎ:1本分
  • ポン酢:小さじ2

作り方(調理時間:30分)

STEP1:春雨を戻す

乾燥春雨をボウルに入れ、熱湯を加えて戻します。5分ほどで完了します。

STEP2:具材の準備

  • 納豆は何も入れず軽くかき混ぜておく
  • 玉子を器に割り入れて溶く
  • 戻した春雨を大雑把で良いので包丁で細かくする

STEP3:ご飯をスープで煮る

鍋に残ったスープに冷ご飯を入れ、強めの中火に掛けて蓋をします。沸騰し、ご飯が水分を含んで柔らかくなるまで10分ほど煮ます。

STEP4:納豆・春雨を加える

さらに納豆と春雨を加えて全体をよく混ぜ、蓋をせずに弱めの中火で5分~10分煮ます。

STEP5:仕上げ

再び煮立ってきたらポン酢を加え、溶き玉子を全体にまわしかけ、小口ねぎを散らして完成です。

器に取り分けて食べましょう。

ポン酢を隠し味として加えることで、濃厚なスープが一転、あっさりさわやかな風味になります。

上手に作るためのポイント

ご飯に水分をよく含ませ、最終的には水分がほとんどなくなる状態まで煮詰めるのが美味しくなるコツです。

調理時間はあくまでも目安です。お使いの鍋や火加減によって、過熱時間を調節してください。

さいごに

柔らかく煮込んだご飯に、消化しやすく胃に優しい玉子や納豆を使いました。味がよく染みた春雨の食感もたまりません。

胃腸の負担を翌日まで持ち越さず、美味しい鍋料理を楽しんでくださいね!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。