\ フォローしてね /

リフォーム・リノベーション物件の基礎知識

「安く賃料を抑えたい」「新築みたいに綺麗なお部屋に住みたい」とは誰もが思うところ。ですが、お金の問題でそんなに簡単にはいかないのが、お部屋探しの難しいところですよね。

そんな方にお勧めしたいのが、「リフォーム・リノベーション物件」です。ここでは、基礎知識からお部屋探しのポイントまでまとめているので、是非参考にしてください。

リフォーム・リノベーション物件ってどんな物件?

ひと頃よりも、一般的になってきた「リフォーム」や「リノベーション」という言葉。どちらも物件に手を加えるという点は同じですが、その内容は少し異なります。

「リフォーム」は古くなった部分や壊れた部分を修理・交換して、キレイな状態(新築に近い状態)にすることが目的です。

「リノベーション」はそれだけにとどまらず、間取りや設備を変えたり、内外装を一新したりと、建物の持つ初期の性能以上の、新たな付加価値を付けて大幅に再生・改修すること。これが一般的な定義のようです。

リフォーム・リノベーション賃貸物件のポイント

一番重視したいポイントを絞って探すのもアリ

単純にリフォーム・リノベーションといってもその内容や規模はさまざまです。最も一般的なのは、壁紙(クロス)や床材の張り替え。その他ユニットバスがバストイレ別に、畳からフローリングへ、また、間取り自体の変更といった大規模なものまであります。

自分が住み手として一番重視したいポイントからリフォーム・リノベーションの箇所を探していくのもアリですね。

綺麗でお得な物件が見つかることも

外観は古いままでも、内装は上記のように綺麗に生まれ変わっている物件も多いです。なので、「どうしても新築物件がいい!」といって、常日頃検索条件で「築年数」に制限をかけている方は、一度条件から「築年数」を外してみると、予算内でも綺麗な掘り出しもの物件に巡り合うことができるかもしれません。

リフォーム物件は下調べが肝心!

リフォームとひとことで言っても、室内のすべてを変える全面リフォームから、壁紙の貼り替え、ひびわれなどの内装の手直し、設備の取り替えとその内容もさまざま。「リフォーム済み」という言葉に安心して入居してみたら、いまひとつ…なんてことにならないよう、実際に部屋を見て確認することも大切です。

おわりに

リフォーム物件にせよリノベーション物件にせよ、しっかりと下見をして、希望通りのお部屋かどうか見極めることが大切ですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。