1. 暮らし
    2. ケース別!夫婦・カップルで暮らすお部屋探しのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ケース別!夫婦・カップルで暮らすお部屋探しのポイント

    結婚したりカップルで同棲するお部屋を探すとなると、今までの部屋探しとは違って、どこに注目すればいいのか判断しにくいですよね。

    そこで今回、夫婦・カップルで暮らすお部屋探しのポイントをケース別にまとめてみました。「こんなお部屋に住みたいな~」とイメージを膨らませて、理想を叶えてくれるお部屋探しのポイントを学びましょう!

    本記事は、CHINTAIのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    お友達も気兼ねなく遊びに来れる部屋にしたい!

    「ふたりで暮らすといっても、にぎやかなのが大好き。お友達が気兼ねなく遊びに来てくれる、そんなお部屋にしたい」という方は、以下のポイントに注目しましょう。

    広々とした間取り

    なにはともあれ広々とした間取りであることが一番です。ゆったりしたリビングダイニングがあり、寝室もそれなりに広くなければいけませんね。バルコニーの広い物件なら、バーベキューパーティーで盛り上がれます。彼とふたりで夕涼みのビール、なんていうのも素敵です。

    収納がすっきりできる

    荷物持ちのふたりなら、収納がすっきりできるのも重要なポイントです。せっかく始まるふたりの暮らしも、モノがごちゃごちゃ溢れた部屋ではお友達も呼びにくいですよね。クローゼットや棚が少ない物件なら、収納部屋を間取りに取り入れることも考慮してみましょう。

    まっさらなお部屋から新生活を始めたい!

    「いよいよ始まるふたりの新生活をピカピカの新築物件で過ごしたい」という方は、以下のポイントに注目しましょう。

    キッチンと水回り

    ただ新しいというだけでなく、最新の設備が付いている物件が多いのも新築の魅力です。バス、キッチンなど水回りの充実ぶりは、大きく差がつくところです。

    子供部屋も視野に入れて

    ふたり暮らしの間取りとしては1LDKから2LDKというのが一般的です。ですが、せっかく気に入った新築に住むのなら、将来的なことも考え、子供用のお部屋を考慮に入れておくのもおすすめです。

    ふたりで家事をしっかり行いたい!

    「忙しいふたりでも、家事はしっかりこなしたい!」という方は、以下のポイントに注目しましょう。

    2口コンロは欲しいところ

    彼のためにとっておきの夕食を作ったり、たまにはふたりで仲良くブランチの準備をしたり。そんなライフスタイルにピッタリはまるのが、頼れるシステムキッチンです。最新設備と贅沢はいわないまでも、2口コンロはぜひ欲しいところですね。

    水回りの設備の充実度

    毎日の家事を考えると、室内洗濯機置場があるか、バス・トイレは別か、というのもこだわっておきたいポイントです。家事がラクチンの環境であれば、忙しいあなたも、彼とうまく作業分担できるかもしれません。

    カーライフをエンジョイしたい!

    「カーライフをエンジョイしたい!」という方は、以下のポイントに注目しましょう。

    駐車場付き物件を

    日常の買い出しや週末のドライブなど、クルマは生活必需品という方におすすめなのが駐車場付きの物件です。お部屋とは別に駐車場をわざわざ契約したり、せっかく借りた駐車場が部屋から離れていたのではちょっと面倒臭いですよね。

    都心エリアならテラスハウスが狙い目

    都心エリアであれば、駐車場完備のマンションや1階が駐車場になっているテラスハウスなどが狙い目です。郊外であれば、駐車場スペースのある貸家やアパートなどが、リーズナブルな価格で見つかるでしょう。

    駐車場付き物件は、たいていがファミリータイプなので、間取りも2K以上40平米~と広く、バス・トイレ別、室内洗濯機置場有りなど生活しやすい物件が多いのも魅力です。

    ペットと一緒に暮らしたい!

    「ペットと一緒に暮らしたい!」という方は、以下のポイントに注目しましょう。

    ペット向けの設備が整った住宅を

    最近は、ペットを飼う人のための設備が整ったマンション物件も増えてきています。マンション入口に散歩から帰った犬用の足洗い場があったり、玄関扉に猫用出入り口がついていたり……。可能であれば、そんなペット専用設備の整った物件を選ぶのもおすすめです。より快適なペットライフを楽しむことができるでしょう。

    2K以上40平米以上の防音対策がしっかりした部屋

    ペット専用設備物件が見つからない場合には、防音対策をしっかりしたマンションで、飼い主、ペットともども窮屈な思いをしない間取りを選ぶとよいでしょう。ふたり暮らしでペットと住むのであれば、2K以上40平米以上と広さを優先して選ぶことをおすすめします。さらに、ペットを洗ってあげられる広いバスルーム、ペットがくつろぐことができるベランダや庭付きなど、ペットと暮らすための条件が整った物件を探してみましょう。

    おわりに

    誰にとっても最高のお部屋というものは存在しません。ふたりの生活スタイルにあった物件を探してみましょう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ