\ フォローしてね /

使い勝手良くエビを冷凍する方法

エビはお料理の使用頻度が高いですよね。著者は、まとめ買いをした時には冷凍保存しています。冷凍後も風味が落ちにくく、使い勝手の良いエビの冷凍保存の方法をご紹介します。著者は、比較的小ぶりなお手頃価格で購入できるバナメイエビを使っています。

用意するもの

  • バナメイエビ 200g(頭は取ってある殻付きのもの)
  • フリーザーバッグ 1枚
  • 油性ペン
フリーザーバッグ1枚にバナメイエビ200gが適量です。

バナメイエビの冷凍保存方法

STEP1:日付と名前を書く

フリーザーバッグに日付と名前を書いておきます。

STEP2:エビを入れる

フリーザーバッグにバナメイエビを入れて、平らにして空気を抜きながらチャックを閉じます。さらにエビがなるべく重ならないように手で整えます

STEP3:冷凍庫に入れる

平らのまま冷凍庫に入れ、冷凍します。

解凍の方法

STEP1:必要分を取り出す

冷凍されたエビはフリーザーバックの上からほぐすようにすると簡単に1匹ずつ分かれます。必要な量を取り出し、流水で軽く洗い流します。

STEP2:下ごしらえ

殻を取って使う場合、水に2~3分浸して半解凍すると、殻がするっとむけます。背に少し包丁を入れ、背ワタを取ってエビの下ごしらえの出来上がり!そのままお料理に使います。

おわりに

使いたい量だけ取り出せるので、お料理にぱぱっと使えて便利です。殻つきのまま冷凍すると風味が落ちにくいですが、2週間を目途に使い切ってください。

(photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。