\ フォローしてね /

お部屋探しにおける「◯◯相談可」の基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

大切な愛犬・愛猫と暮らしている方や音楽が趣味の方は、お家探しの際にペットや楽器が許される部屋かどうか気になるところですよね。

ここでは、そんな楽器やペットが「相談可」な物件の基礎知識をまとめてみました。

本記事は、CHINTAIのご協力により、2013年に執筆されたものです。

ペット相談可

築年数が経過している物件がオススメ

犬やネコなどの愛らしいペットは、疲れた心を癒してくれる大切な家族。動物好きなら「ペット相談可」はもはや必須条件かもしれません。

最近では築年数の経ったマンションがペット可に変更されるケースもあり、都市部を中心に数も増え、探しやすい条件になってきています。

ペット相談可物件の注意事項

「ペットがいる=建物にキズや汚れがつく」という理由から敷金が高めのところも多いようです。その部屋から引っ越すときの原状回復の条件は、入居前に必ず確認しておきましょう。

また、「ペット相談可」の物件であっても鳴き声やニオイなどが他の入居者の迷惑になることもあります。お互いに気持ちよく暮らせるよう、ルールをきちんと守りましょう。

楽器相談可

楽器を演奏がしたいなら必須の条件

音大や音楽関係の専門学校などの周辺に多い「楽器相談可」の物件は、防音室を備えたものから、防音ではないものの時間帯を決めて演奏が可能なものまでさまざま。仕事や趣味で楽器を演奏する人はもちろん、音楽を大音量でガンガンかけたい人にとっても、うれしいポイントになりそうです。

防音の性能は物件次第

防音設備が整った物件は、建物の造りや素材に工夫がある分、賃料は割高傾向にあります。設備によって防げる音量や使用できる楽器が異なるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

また、度を超えた音量や夜中の練習は、やはりマナーとして控えましょう。うっかり窓を開けっ放しにしていた、なんてミスがないようにご注意を。

おわりに

「◯◯相談可」のものは一括りで考えがちですが、契約内容は物件によってさまざまです。しっかり確認しておきましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。