\ フォローしてね /

知っておきたい!投資信託に関する情報収集のポイント

このライフレシピのもくじたたむ

投資信託をはじめたいと思ったときに、まず必要になるのが情報収集です。今回は、投資信託に関する情報を集める方法をご紹介します。

本記事は、2013年3月のソニー銀行株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

情報収集のポイント

「リーフレット」や「目論見書」で

まずは近くの銀行証券会社の窓口に行ってみましょう。さまざまなタイプの投資信託の「リーフレット」や「目論見書」などが置いてあると思います。それを手に取ってみるのもよいし、窓口の人と相談しながら投資プランを具体化していくのもよいでしょう。

販売会社によって取り扱う投資信託は異なります。あらかじめ投資プランのイメージを持った上で情報収集するほうが効率的です。

「基準価額」をチェック

新聞・雑誌などにある「基準価額表」で、購入した(購入を予定している)投資信託が現在いくらなのかチェックできます。

「パフォーマンス(運用実績)」をチェック

日本でも最近は投資信託専門の評価会社が登場し、パフォーマンス評価を行っています。販売サイドからの情報だけでなく、第三者の客観的な評価も参考になるので確認しましょう。

ウェブサイトでは、自分の探しているタイプの投資信託が簡単に調べられるサービスを各社提供しています。投資信託に対して興味はあるけれど、なかなか絞り込めないという方は、投資プランのイメージを具体化させるのに利用すると良いでしょう。

委託会社からの「レポート」で

各市場の動向」や「ファンドの基準価額の変動」などについて、各委託会社より提供されるレポートです。ファンドの運用状況などに関する最新情報が記載されていますので、取り引きの際には参考にしましょう。

おわりに

購入を決めるときはもちろん、購入後も情報収集していきましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。