1. 暮らし
    2. めんどくさがりでも出来る!時短で洗濯物をたたんでしまう方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    めんどくさがりでも出来る!時短で洗濯物をたたんでしまう方法

    はじめに

    洗濯は嫌いではありません。でもたたんでしまう手間が、すごく面倒に感じてしまいます。そんな嫌な時間を少しでも縮められたら…。そのように思って、気づいたらしていたのが時短で洗濯物をたたんでしまう方法でした。

    ここでは筆者が実践している時短のための洗濯物をたたんでしまう方法を紹介します。

    時短で洗濯物をたたんでしまう方法

    STEP1: 対になっているものを隣に干す

    洗濯物を干すときに、手袋や靴下など、対になっているものは隣に干すようにしています。こうすうると、取り込みやすいです。

    STEP2: 取り込んだらすぐにたたむ

    STEP1のものを取り込みながら、すぐにたたみます。そうすると、洗濯物に二度触る手間が省け、時短になります。

    そして、今日着る下着も、取り込んだらすぐに4つ折りたたみにし、簡単にたたんでいきます。

    すぐに着るものなので、丁寧にはたたまず、簡単にたたむことで時短になります。

    肌着は、持ちを重視せず、2日ローテーションにするようにしています。汚れたり、小さくなったら買い換えます。特に子供は成長が早いので、持ちをよくする必要もないからです。

    STEP3: たんすごとに振り分けながらたたむ

    ひとつたたみ終わったら、たんす別に振り分け、またひとつたたんだら、たんす別に振り分け…このようにたたみ終わった段階で振り分けます。

    一度全部たたんでから、たんす別に振り分ける時間の必要がなくなり、時短になります。

    STEP4: すべての洗濯物をかごに入れる

    すべての洗濯物を、かごに入れます。一番最初にしまいに行くたんすの服を一番上にし、最後にしまう洗濯物を一番下にします。

    こうすることで、何度も洗濯物を取りに来てしまって、また取りに来て…の手間がなくなり、時短になります。

    STEP5: 順番ごとにたんすにしまう

    かごに入れた順番にたんすを巡回し、しまって行きます。

    おわりに

    家事が苦手。さらに二度手間になると本当に面倒に感じてしまいます。気づいたらこの方法で洗濯物をたたんでしまっていることに気づきました。

    でもこうすることによって、二度手間がなくなり、すばやく洗濯物をたたんでしまうことができるようになったのです。時間にすると、5~10分は短縮できるようになりました。

    これなら家事が苦手なママでも実践できるのでは?この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

    (Photo by 足成 )

    このライフレシピを書いた人