\ フォローしてね /

買わずにミニテーブルで代用!キッチンシンク下の収納方法

大きな引き出しのある最新式のキッチンなら、鍋やフライパンは入れやすいと思いますが筆者宅では、観音開きの昔ながらのキッチンのシンク下に、収納しています。

そんなシンク下を上手に活用して収納する方法を、ご紹介させていただきます。

シンク下に収納するコツ

大きいものしか入れないというのがコツです。細かい引き出しやカゴなどを入れたこともありますが、結局ごちゃごちゃしてしまいました。

現在は、シンク下にフライパン、大きな鍋、ホームベーカリーのみを入れるようにしています。手前に、サラダ油などをいくつか置いていますが、他の細かいものは別の引き出しなどに収納しています。

収納の方法

もともと部屋で使っていた木製のミニテーブルを、収納棚として使っています。ニスをたっぷり塗ってあるので、カビてきたりはしていません。

上の段にフライパンや片手鍋の大きなものを置き、下の段に、大きな鍋を2つ置いています。

収納のポイント

大きな鍋は上の段に置いても取りにくいですが、長い取っ手があるフライパンなどを上の段に置いておくと、少し身をかがめるだけで取れるので、とりやすいです。

以前は収納グッズを使っていましたが、自分の持っている鍋の大きさに合わなかったりしました。いずれ収納棚を作ろうと思っています。

同じようにDIYでつくろうと思っておられる方に、木材は、合板を使われる事をお薦めいたします。普通の木材にペンキを塗っても、汚れはつきますが、合板のほうが比較的落ちやすいです。

フライパン・鍋の収納に関する注意点

シンク下なので湿気やすいです。こまめに掃除をする事はもちろんですが、しまう時も、綺麗に水気を拭き取るように気をつけましょう。

おわりに

わざわざ収納グッズを買うのもいいですが、意外と、家の中にあるものでも代用できることがあります。何か代用品はないか、家の中を見回してみられることを、お薦めいたします。

(photo by amanaimages)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。