\ フォローしてね /

1泊2日の家族ドライブ旅行!宮崎旅行を楽しむコツ

宮崎は北部・中部・西部・南部とさまざまな自然や歴史的な観光スポットを楽しむことができるところです。そして、人も温かく、グルメも楽しむことができます。家族、恋人、友人など、誰と旅行しても楽しめます。

筆者が行ってきた1泊2日の宮崎ドライブ旅行の経験から宮崎旅行を楽しむコツをご紹介します。

宮崎県旅行の詳細

2008年7月に1泊2日の日程で筆者と両親の3人で宮崎旅行をしてきました。

宮崎北部から車に乗って南下しながら主要な観光スポットを巡り、宮崎南部の日南市にある「ホテルシーズン日南」に1泊、翌日は、別ルートで北上しながら残りの観光スポットを楽しみました。

観光スポットの詳細(1日目)

高千穂峡 高千穂神社(宮崎北部)

高千穂峡は日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝がありました。夏の暑さを忘れさせてくれるほど美しい景観を楽しむことができたうえ、滝のマイナスイオンで体が潤いました。

高千穂神社は1200年以上の歴史がある神社で樹齢800年秩父杉や夫婦杉がありました。両親は歴史が大好きなので、説明書きをすべて読んで楽しんでいたようです。

歴史が苦手な筆者は、自然のパワーを浴び、深呼吸を何度もして体も頭もスッキリしました。

えびの高原(宮崎西部)

24時間やっている足湯、誰でも無料で足湯を体験できます。10分ぐらい足をつけていると疲れがとれてスッキリしました。両親は他に来ていた観光客の年配ご夫婦と話がはずみ楽しそうでした。

また、えびの高原一帯をドライブできます。展望所で休憩しつつ、緑でいっぱいの美しいえびの高原の自然を楽しみました。

ホテルシーズン日南へ宿泊

全室オーシャンビュー(上の写真)というので予約を入れました。夕食と翌日の朝食付きでした。ホテルの食事はあまり期待していなかったのですが、新鮮な魚介や宮崎牛を楽しむことができました。

朝食も意外にも美味しく、「このホテルにしてよかった!」と思いました。両親も大満足でした。

ホームページはこちら

観光スポットの詳細(2日目)

鵜戸神宮(南部)

駐車場から御本殿へ行くまでに階段や通路を長く歩きました。太平洋から突き出した鵜戸崎岬にある洞窟の中に本殿がありました。初めてだったので、筆者も両親もその本殿や景観の美しさに感動しました。

5個100円の運玉があり、それを亀石という岩の枡形へ投げ入れると願いが叶うといわれています。女性は右手、男性は左手で投げると書かれていました。

5個の運玉を両親と筆者で投げ入れ見事入りました。願い事は内緒ですが、しっかり叶いました。この鵜戸神宮はパワースポットとしても知られているそうです。

お菓子の日高(宮崎中部)

宮崎市内にある「お菓子の日高」へ行きました。

よく宮崎のお土産としてもらっていた大好物のチーズ饅頭を買いに行きました。中に濃厚なクリームチーズが入っています。コーヒーや濃い緑茶と一緒に食べるのが筆者のお気に入りの食べ方です。

なんじゃこら大福は両親が食べたいというので買ってみました。中につぶあん・いちご・栗・クリームチーズが入っています。

「こんな組み合わせで美味しいのか?」と思いながら食べると、意外や意外、大変美味しかったです。追加でいくつか買いました。

お土産を買ったところで今回の宮崎の旅は終了でした。そのままドライブで両親の実家のある福岡まで高速道路で帰りました。

観光スポットのよかったところ

  • 足湯の駅 えびの高原
  • 鵜戸神宮
  • ホテルシーズン日南の食事
  • お土産のチーズ饅頭

上記の3点がよかったところです。えびの高原では山の自然に癒され、足湯で疲れをとることができました。

そして、予想外においしかったホテルの食事でした。新鮮でおいしい刺身、宮崎牛、地鶏、と、宮崎の美味しいところを一晩で味わうことができました。

鵜戸神宮は神秘的で本堂から望む太平洋の海の美しさに魅了されました。運玉を投げ入れるという小さなアクティビティも家族旅行を盛り上げてくれました。

ドライブでの1泊2日だったため、急に予定を変更したり道順を変更することができ、時間を有効利用でき宮崎を満喫することができたと思います。そして、自然な豊かな宮崎を車窓から常に楽しむこともできました。

観光スポットのイマイチだったところ

イマイチというほど嫌なところはありませんでしたが、強いて言えば、鵜戸神宮の階段が急で膝に古傷がある父には少々上るのが辛かったようです。

それから気になったのが、自然や歴史的な観光スポットでのタバコやごみのポイ捨てでした。観光者がきれいな観光地を汚すのはNGです。みんなで気をつけるべきだと思いました。

宮崎に行くときは

紹介した他にも、宮崎にはたくさんの観光スポットがあります。多くは歴史的な場所や雄大な自然に囲まれた場所なので、歩きやすい格好で行くことをおすすめします。

ドライブの旅をするなら、事前の道順をGoogleや地図で調べておき、行きたい観光スポットをだいたいでいいので決めておくといいと思います。

筆者が行ったこの宮崎旅行は、事前に「足湯」に行く予定はありませんでした。たまたま車で通って面白そうだったため、立ち止まることになりました。こういう予定外の場所に行くのも楽しいものです。

そして、宮崎の方たちは全体的に優しいと思いました。何度か道順を尋ねると親切丁寧に応えてもらえました。

おわりに

ご紹介した場所は、とても良い場所で楽しむことができましたよ。それ以外にも、宮崎にはたくさん観光スポットがあります。事前に計画を立てて、ぜひ、宮崎を楽しんでくださいね。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。