\ フォローしてね /

部屋中がコーヒーの薫りで満たされる!ペーパードリップコーヒーの淹れ方

気に入っているカフェで飲むコーヒーはサイフォンで入れてくれるのですが、家で飲む普段のコーヒーはもっぱら作業のお供なので、手早く美味しく淹れられて、後片付けも楽チンなペーパードリップで淹れる事がほとんどです。

ここでは、筆者のペーパードリップ式コーヒーの淹れ方をご紹介します。

必要な材料(1人分)

  • 円錐形ドリッパー
  • ペーパーフィルター 1枚
  • マグカップ 1個
  • コーヒー豆 12g
  • お湯 300cc(1人分にしては少し多めの量です。)

ペーパーフィルターの折り方

STEP1:底部分を折る

底のエンボス部分を上向きに折ります。

STEP2:サイド部分を折る

同じ向きのまま、サイドのエンボス部分を折ってペーパーフィルターは完成です。

コーヒーの淹れ方

STEP1:お湯を沸かす

電気ケトルでお湯を沸かします。コーヒーポットは口先が細い、湯を少量ずつ注ぐことができるものが理想的です。

筆者の使っているラッセルホブスの電気ケトルはコーヒーを淹れるのに最適なデザインです。

STEP2:ドリッパーにペーパーフィルターをセットする

ドリッパーに、折ったペーパーフィルターをセットします。

STEP3:コーヒー粉を入れる

セットしたペーパーフィルターの中に、コーヒー粉をセットします。

コーヒー粉を上から押さえつけないようにしましょう。

STEP4:抽出する

ドリッパーをマグカップにセットして、粉の真ん中にそっとお湯を注ぎます。お湯の温度は90度ぐらいが理想です。電気ケトルが沸騰して止まってから30秒後ぐらいのお湯を入れるようにします。

あまりお湯の温度が高いと苦みが出てしまいます。

STEP5:蒸らす

表面がすべて濡れたら、一旦注湯をストップして蒸らします。蒸らすとコーヒー粉が膨らみます。蒸らすのは約15秒から20秒です。

STEP6:再び注湯する

蒸らしが終わったら、引き続きお湯を注いでいきます。ペーパーフィルターの上の方までお湯を注ぎ、マグカップにコーヒーが抽出されるのを待ちます。

STEP7:完成

抽出が進むと、ペーパーフィルターの側面にコーヒー粉のカスがへばりつきながら、中のかさが減っていきます。ドリッパー内のお湯か完全に無くなりきらないうちに、マグカップからドリッパーをはずして完成です。

こだわりのポイント

サーバーに一度溜めるとコーヒーの温度が下がるので、1人分を入れる時には直接マグカップに抽出するようにしています。洗い物も少なくなるので一石二鳥です。

また、蒸らしの時間を長くすると美味しくしっかりした味わいになるので、必ず十分蒸らすように気をつけています。

注意点

ドリッパーとマグカップのサイズが合っていないと、ぐらぐらした状態で抽出しなければなりません。ドリッパーに注ぐお湯は熱いので、何かの拍子にドリッパーがこけてお湯がこぼれてしまうと、火傷する恐れがあります。

ドリッパーとマグカップはしっかり重ねて安定した状態で使いましょう。

おわりに

毎回まったく同じようにコーヒーを淹れるのことは難しいです。また、使う豆も沢山種類がありますし、人によって淹れ方は違いますので、正解というものはありません。

基本の手順は変わりませんが、淹れる時間やお湯の温度を調整して、自分なりの美味しい淹れ方を是非開発してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。