\ フォローしてね /

キャベツの芯まで柔らかい!キャベツと鮭のミルクスープパスタの作り方

パスタと一緒に塩水でキャベツを茹でるので、浸透圧効果でキャベツの芯まで柔らかく食べることができますよ!

しかも、パスタを作るときは時間を測るので、キャベツを茹で過ぎたり、逆に固すぎたりする失敗がないのもうれしいですね。

クミンを入れると、ぐっとプロっぽい味になりますが、子どもさんがいる場合は入れないほうが好まれます。

材料(1人分)

  • パスタ…100g
  • キャベツ…8分の1〜10分の1くらい
  • 鮭缶…半分(鮭フレークでもOK。その場合は、コンソメは不要です)
  • 牛乳…150cc
  • コンソメ…2分の1粒
  • クミンシード(あれば)…2つまみほど
  • 塩…小さじ1弱
  • こしょう…適量

作り方(調理時間:15分)

STEP1:パスタをゆでる

まずパスタをゆでます。お湯の量、塩の量は、お使いのパスタの規定にそってください。ゆで時間は規定の時間より30秒短くして、タイマーをセットしてください。

最後にフライパンで加熱しながらソースを混ぜるので、少しだけ硬めなほうが、ちょうどよいです。

STEP2:キャベツを鍋に入れる

ゆで時間が残り5分になったところで、キャベツをパスタの鍋に入れます。

多人数分を作るときは、キャベツの量が多いと、お湯の温度が低くなってしまうことがあります。その場合はコンロの火を強くしてください。

パスタのゆで汁には塩分があるので、浸透圧効果で、芯まで柔らかくなります。

STEP3:牛乳・鮭・コンソメ・クミンシードを入れて火をつける

フライパンに、牛乳・鮭・コンソメ・クミンシードを入れて火をつけます。

フライパンに塩こしょう以外の材料を入れて、鮭をほぐしながらかき混ぜます。中火で3分ほど加熱します。

牛乳の表面全体を小さな泡が覆って、コンソメが溶けたら、いったん火を止めます。塩こしょうを入れて、味を調えます。

鮭缶の代わりに、鮭フレークを使う場合は、塩分が強いのでコンソメは不要です。

STEP4:ゆで上がったパスタをフライパンに入れる

ゆで上がったパスタを、お湯を切って、フライパンに入れます。30秒ほど中火で軽くかき混ぜ、パスタとソースが絡ませます!

STEP5:完成!

器に盛り付けたら完成です。

上手に作るためのポイント

牛乳は沸騰させすぎると膜ができて、美味しくなくなるので火の大きさを調節してください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。